2016年08月16日

ゼリーの話

私はゼリーという物を自分で食べる為に買った記憶が無い。

お菓子全般が好きだし、甘いものも好き。
果物は一年中何かしら常備しておくぐらい好きだし、缶詰のような加工・保存してある果物も悪く無い。
プリンはベーシックなものから、焼き、カスタードなど全て好きだし、ババロアも好き。水ようかんはそれほどでも無いが、一年に一度ぐらいは季節を感じるアイテムとして良い。
しかし、ゼリーという物を無性に食べたくなった事も無いし、買った事も無い。


先月の始め辺り、会社の先輩に旅行のおみやげとしてみかんゼリーを頂いた。
3個あったそのゼリーは気が向いたらいつでも食べられるようにと、とりあえず自宅の冷蔵庫の一番上段に入れた。

それから数週間、食べようという気にならないので放置していたが、冷蔵庫を開ける度にゼリーが視界に入った。
冷蔵庫内の照明を受けてオレンジ色に光るその容器は、日が立つ毎に鈍い光をまといだし、食べ物として生まれながらもその運命を全う出来ないという怨嗟のこもった視線すら感じるようになり、その恐怖から逃れる為、ある日の朝食に一つ食べた。

その日の夜。
わざわざ友人が尋ねて来て、最近親族の法事があってゼリーをたくさん頂いたからと箱いっぱいに入ったゼリーを貰った。
箱からいくつかみかんゼリーでは無い物を取り出し、また冷蔵庫の上段に入れる。残りのゼリーはなるべく視界に入らないように蓋をし、キッチンにある棚にしまった。
ゼリーを食べたらゼリーが増えた。


それからまた数週間、ゼリーを食べずに過ごす。
その間に私は、冷蔵庫の上段をなるべく見ずに中の物を取り出すスキルを身につけるまでになっていた。


数日が過ぎて、今月の頭。
連日の猛暑と仕事で少しバテていた私は、休日も食事をほとんど取らず半分寝たような状態で一日を過ごしていた。
夕方になってやっと小腹が空いてきたので、何気なく冷蔵庫の上段にあったゼリーを一つ手に取る。
食べ終わってしばらく後、チャイムが鳴ったので出てみると私の保険の担当者が来訪。ご挨拶にとお中元を頂いた。
手のひらに乗るサイズと重みに嫌な予感を抱きながら開封してみると、ゼリーの詰め合わせだった。
ゼリーを食べるとゼリーが増える。


その一週間後の休日。
ここに来て私は、ゼリーを食べた日にゼリーが増えるという法則を打ち破るべく、攻めの姿勢でゼリーへ挑むこととなる。
この日、私は朝食に1つゼリーを食べたのである。
何故ならば、その日は母を連れて祖父の墓参りに行く日で、ついでに祖父の実家にも寄る予定があった。
毎年、祖父の実家との間ではお中元など夏場の贈り物はせず、墓参りに合わせてお互い直に贈り合うというのがある種のイベントになっていた。
以前にも何度かお返しとしてゼリーを頂いた事があったのを思い出し、ゼリーが登場する可能性が高い日にあえてゼリーを食べ、ゼリー以外が出るという可能性にかけたのだ。

行きで渋滞に巻き込まれながらも無事に到着。墓参りを済ませ、祖父の実家に寄りお酒やお菓子などを渡した後、お返しとしていくつかのお土産を貰った。
それらをまとめて手渡された瞬間「軽い…」と感じた。この軽さでゼリーはありえない。
勝利の余韻に浸りつつも、たった2回重なっただけで法則などあるかと少しの安堵しながらの帰り道、もらったお土産がかなり多かったので分ける為に急遽母の妹の家に寄ることになる。
その道中、私は母にゼリーの件、並びに今日もゼリーを食べてきた事を話した。それは他愛のない笑い話であった。

叔母の家に到着後、お土産を開封すると主に乾物やあられの詰め合わせなどが入っており、それらを手渡しすぐ帰るつもりだった。
しかし、そこで叔母に呼び止められる。
一度家に入ってから数十秒後、手に大きな箱を持って叔母は現れた。
「これお父さんの仏壇にあげといて」という言葉と共に渡された箱は、見た目以上に重い。
おそらく私の顔は強張っていたのであろう、箱を手に立ち尽くす私を見た母は事態を察し、妹に対し「中身は何?」と尋ねた。
「あぁそれ?ゼリー。お父さん好きだったでしょ。まぁお母さんとお姉ちゃんは昔からゼリー食べないからアンタ全部持っていきなよ」
箱を持った私は無言のまま母と見合わせた。母をこんなにも面と向かって見ることがなかったからだろうか、記憶の中の母よりも少し老けていたような気がした。
ゼリーを食べるとゼリーが増える。


そして今、このブログを書いている午前0時、私はゼリーを食べている。
きっと今日もゼリーが増える。
posted by murutori at 01:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

8月の購入予定

7月にNetflixで配信が開始された『ストレンジャーシングス』が面白かった。
突然行方不明になった少年を探しに、家族から警察、少年の同級生が捜索するというお話。
本作は徹底的な70〜80年代のSFやホラー作品に対してリスペクトした作品になっており、舞台設定も80年代。
平和な田舎町に起きる事件、いじめっ子からイジられるナードな青年の活躍と恋模様に、極秘の実験施設を持つ政府機関、超能力を持った少女と共に自転車とトランシーバーを手に協力する少年たち、そして現れるモンスター。
こうやって並べるだけでも鼻孔をくすぐるチープさ。
しかし、これを現代にあえてドラマとして、B級パロディに逃げる事無く真正面から作るとここまでおもしろい作品になるものかと関心してしまった。

スティーブン・キング作品のような雰囲気に加え、エイリアンや未知との遭遇を思わせるようなシリアスなシーンだけでなく、超能力少女を中心とした少年パートではE.T.やグーニーズ、スタンド・バイ・ミーへのオマージュが巧みに組み合わせっている。ゲームで言えばサイレントヒルとMOTHERの融合的な作品。
特に少年たちが超カワイイんですよ。可愛すぎて劇中何度もウルッと来てしまいました。


そんな8月の購入予定
8月9日
PS4『ラチェット&クランク THE GAME』
元々『ラチェット&クランク』というシリーズ名とInsomniac Gamesの名前は知っていたものの触れる機会が無く。結局同社の初プレイ作品がXBOX One『サンセットオーバードライブ』でした。
プレイされた方は首がもげるほど首肯して頂けるかと思いますが、コレが超おもしろいゲームだったんですよね。残念ながらXBOX Oneというゲーム狂人専用ハードでの発売だったので、ゲーム内容に反してそれほど盛り上がりを見せていなかった気もします。

で、そういや『ラチェット&クランク』の新作が出るらしいなぁと思って、歴史探訪的な感じで現在セール中だった1作目のHD版を買ってプレイしてみたら、序盤だけでもわかるぐらいに好きな手触りのゲームでして。
興味が湧いたので調べてみたら、今回PS4で発売されるのはその1作目のフルリメイク版との事なので、まぁHD版の方は放ったらかして新しいヤツをやってみるかと。

25日
PS4『No Man's Sky』
コレたぶんそんなにおもしろいゲームじゃないですよ。いやゲーム遊ぶ前からそんな事言うなよと自分でも思いますが、それでもやっぱりそんなにおもしろくないですよ。
何より出落ち感がありすぎる。
"1800京個以上の惑星を探索できる"という字面のおもしろさをゲームが越えられるのかって話ですがどうなるのでしょうか。

今月はこんな感じで。
3DS『世界樹の迷宮V』はいつか遊ぶリスト行き。4も積んだままだけど。


最後に音楽ネタ
BB Diamond - Feeling


どうですか、このどストレートなハウス。
あまりに直球過ぎて逆にちょっと流行っているみたいですね。後半に入ってくるブラスのギリギリダサい感じもまた良い。
どこかで聴いたことある気はするけれど、そもそもこんな曲はどこでもあるだろうと思っていたら、海外サイトにてJane ChildのDon't Wanna Fall In Loveからリフを持ってきているのではないかと書かれていてなんとなく納得。
歌詞を見ると狙ってやっているのかも。


で、ドラムン。
The Upbeats - Dr. Kink


曲のリリースはちょっと前(4月ぐらいだったかな)だったのですが、このPVが公開されてからというものの、この曲を聞いているとこの映像が浮かんで来ますね。
車内だとちょうど良い。何がちょうど良いのかわからんが、ちょうど良い。
生音系のスネアのイントロからのドラムンパートでガツンとドラムが入る瞬間が最っ高。


最後に最早懐メロの域に達しているこちら。
Underworld - Two Months Off (Glastonbury 2016)


BBC MusicっつーYouTubeチャンネルで今年開催されたグラストンベリーフェスティバルの動画を次々とアップしていたので、チラチラと見ているのだけど、やっぱUnderworld強い。
もう10数年前のアンセムだけれど、今聞いても全然アリ。久々にプレイリストに入れて口ずさんたりしてます。
「ろっきんろっきんっふろぉぉてぃーん」でカウベルが加わる部分は何度聞いても上がりますね。たまに聞きたくなりますカウベル。普段の生活ではそんなに求めて無いんですけどカウベル。自分では買わないけど、おみやげでもらうとうれしいお菓子ぐらいの感じで接していきたいカウベル。
posted by murutori at 01:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

初代の緑以来

やってますか?『ポケモンGO』。
私も休日午後にいざ開始。
ゲーム序盤のチュートリアルで3匹から選んで(私はフシギダネにした)、ニックネーム付けに手間取った後、近くのポケストップっつーポイントに行けと言われたが、まぁそのポイントまでが遠い遠い。
最初のマップで表示される範囲から視認出来るポイントが2つしかなく、そのどちらも同じぐらいの距離。歩いて20分程度だろうか。
周辺にポケストップがまったく無いほどの田舎であれば話題にもなるが、このポツンポツンと点在している辺りにこの街の中途半端さが現れていて辛い。

表示されたポイントは住宅地の中でもかなり入り組んだ場所、車で行くには無理っぽい所だった記憶があったので、とりあえず歩いて行くかと表示されるポイントへと移動。
到着してみると、結構年季が入りつつも立派な数寄屋造りの大きなお宅の前にこれまた大きな庭があり、道路と庭先の間に立っている謎の石のオブジェがポイントらしい。間違っていたら申し訳ないが、周辺に看板等の表示も無くポケストップの表記も地名のみなので、何か歴史的な由来がある物ではなく、どっかの骨董屋から買ったものか、近所のオッサンが自分で彫ったんじゃねっていうような奇妙な石。
何故ここがと頭の中全体に"?"を浮かべつつ、中央の写真をクルクルっと。まぁしかし何も無い所っつーか人の家しかないし誰も居ないし暑いし(午後4時ごろ)、近くのポケストップまでまた20分ぐらい歩かなきゃいけないし帰るかってなもんで来た道を徒歩で戻る。

ここでちょっと話が飛びまして。
私、歯医者の定期検診に年2回ほど通っています。
歩いて30分ぐらいの所に歯科があり、そこは駐車場が停めづらい&出しづらい場所にあるので、徒歩で通っているのです。
で、歯医者に行った後って口の中がなんだか気持ち悪い。その気持ち悪さの解消の為、その歯科から少し歩いた所にあるコンビニへ行き、ハイボール缶を2缶買って飲みつつ帰る30分程度のウォーキングってな流れにしています。

で、場面は戻ってポケストップからの帰り道。
ポケストップがちょうど通っている歯科と同じ方向だったので、途中から同じ道を歩くのだが、そこで襲いかかる飲酒の欲求。
どうやら私の中で、景色と行動が飲酒とひも付けされてしまっているらしい。
一応手には熱中症予防にとソルティライチを持っていたので、とりあえず飲んでみるものの乾きは増すばかり。そもそもソルティライチを買って家に常備してあるのも割り材(冷凍庫に入れたウォッカやホワイトラムで割るのが好き)として買っているだけで、そのものを飲む事ってまったく無い。
割り材では満たせない欲求を抱えてしまってからはポケモンどころでは無く、ひたすら早歩きで自宅へ向かう。

帰宅後、コップドーン!氷バーン!ウォッカコポコポ!ソルティライチバシャー!からの一気。
なんだかアル中的な感じになっておりますが、全然そんな事はないですからね。(こういうこと言ってる奴がヤバいと思われるかもしれないが、本当に大丈夫)
そもそも生活に車が必須という田舎に住んでいる事に加え、散歩が趣味でもないとまず徒歩でどこかに行くという事が無いんですよね。それこそ大きなショッピングセンターなど他の場面で歩くことは多いものの、そんな場所で酒を飲むはずもなく、欲求すらも無い。
自分の中でただ徒歩で行く場所というのが歯医者なだけで、その帰りに必ず酒を飲んでいるという事がここまで体に染み付いているのかと自分でも怖くなってしまった。
まぁ結局その後はグダグダっとしたまま、たまーに起動しては「ウチの周りコラッタしか出ねーな!!!」って悪態をつきながら遊んでいたのですけれども。

そんなこんなで、『ポケモンGO』自体は退社後などポケストップに寄り道して帰ってみたりとちょこちょこと遊んでいますが、まぁゲームとしては現状あまりにもやることが無さ過ぎ、スタンプラリーに毛が生えた程度でちょっと辛い。それでもここまで流行ると様々な世代間で話題を共有出来るというお祭り的な感じは良いっすね。

そして何より人の動きにまで影響を与えているという事が凄くて、私も会社近くのコンビニにルアーがあった時は用もないのにちょっと寄っちゃったぐらいだし、先週末買い物に行った時にショッピングセンターに入っているマクドナルドの横を通ったら、以前では見たことが無いほどに人がいっぱい居たりしたので、そういった人を動かす部分がどういった形で展開していくのか、今後のアップデートなど期待が膨らみます。
新しいポケモンの追加とかも、一部地域に限定的に出るのもアリなんだろうし、世界全体にババッと追加されるじゃなくて、桜前線みたいにある一定の地域(国)から徐々に広がっていったりとかしたらおもしろそうじゃないですかね。どうでしょうか。

そんな『ポケモンGO』のお話でした。それではここで一曲お聞きください。
ジョン・ロビンソンでTOKYO GO
posted by murutori at 01:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする