2017年03月08日

Switch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』まだまだ序盤

Switch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
今回のゼルダヤバいっすね。想像を遥かに越えるレベルでおもしろい。

ゲーム開始直後、フィールドに放り出され指定された場所に行ったら、タワーがニョキニョキ生えてきて、屋上にある装置を調べたら、周辺のマップが表示される。
zelda bow 03.jpg

「うわーーーUBIタワーーーーー任天堂もついにUBIタワーーーー」
なんて笑っていたら、表示されたのは大まかな地名が入った地図のみで、何処に何があるかはタワーから見える風景を双眼鏡でよく見て自分で探してねって作りで更に笑った。

そんな未知の世界で頼りになるのはやっぱ地図な訳ですよ。
zelda bow 02.jpg

この等高線が超重要。
リンクはどんな急斜面でも登る事が出来るが、スタミナゲージ(ゲーム内だとがんばりゲージ)があり無限には登れない。
山の頂上に登りたい場合、急斜面が続くであろうルートをどうやって避けるかをまず予測。
山の麓まで来たら、途中に休憩地点があるかどうかを探しながら周辺を歩いて巡り、遠回りしてでも安全に登るか、死ぬのを覚悟で急斜面にアタックするのかを決める。

リアル寄りのオープンワールドゲームは高低差の少ない(例え坂道は多くても急斜面が少ない)マップになりがちで、高低差の多いマップのゲームは主人公のキャラクタが超人的な能力を持っていたり、特殊な道具(乗り物)を使って急斜面を無視出来るゲームが多かった。
それらとは違い、かなり高低差のある作りにしながらも山は全て登れる作りである本作は、試行錯誤を繰り返しながら実際の風景とマップを交互に見つつ目的地を目指しながら進めて行く面白さがある。
この感覚は近年のオープンワールドでは味わった事が無かった。

zelda bow 01.jpg

そもそもオープンワールドでゼルダらしさをどう出すのかと思っていたが、マップ全てをゼルダらしい仕掛けで満載にするという力技で来たのには心底驚いた。
手持ちのアイテムを組み合わせたり、高い所から落ちて見たり、手触りがまんまゼルダ。
本作から新登場した使い続けると壊れてしまう武器と盾、豊富に用意された防具の数々、果物や仕留めた野生動物を使って料理をするなどサバイバル的な要素が背骨のように一本通っており、常に何かあった時の為に準備をしつつ世界を回るという作りは、広い世界を歩いて移動する事に意味を持たせた。
旧作のようにダンジョン毎にぶつ切れ感があったり、必要な消耗品は草を刈ったりツボを割ったりすれば手に入るだろうという考え方や、リンクが段階的に強化されるデザインとは違い、一歩一歩前へと着実に強くなりながら進む冒険の手触りがある。

圧倒的に作り込まれたオープンワールドである本作は、この世界の物質に触れる動作にも複数のアプローチを持たせた作りになっている。
木になっているリンゴを取るという動作を一つ取っても、ただ立って届く距離であればそのまま取れる。
届かない位置にあるリンゴは木に登って取る、矢でリンゴを撃ち抜いて落とす、うちわのような大きな葉っぱで風を起こし落とす、鈍器で木を叩いて振り落とす、斧などの武器で木を切り倒して地面に落とす、爆弾で木ごと倒す、木に火を近づけて炙って焼きリンゴにして落とすなど選択肢が豊富に用意されている(たぶんこの他にもあるはず)。

ちょいと敵の牙城であるハイラル城でも冷やかしに行こうかと思ったら超強いメカが居てビーム一発で即死とか、雨が降ったら当たり前のように岩肌が滑って登れなくなるとか、草原で火を扱う敵と戦う時は延焼に注意とか、木の盾で炎を防ごうとすると燃えてなくなるとか、雷雨の時に鉄製の長い武器を背中に挿していると雷が直撃するとか。

一般的に強く残る記憶というのは、対象への興味、物事に付随する情動、新しいことや場所(また人)、そして失敗することでより脳に記憶されると言われているが、戦闘から移動まで様々な選択肢またはリアクションを用意し、一つ一つを学習してもらい、またその経験を組み合わせて遊べるように徹底的にデザインされている。

zelda bow 05.jpg

ただ、個々の要素がイノベーティブな作りであるのではなく、どちらかと言えば何処かで見たようなシステムではある。
思いつくだけでも『Far Cry』や『Skyrim』、『ワンダと巨像』がベースであるし、アイテムを組み合わせて作る料理の要素はよくあるもの。
それでも、『ウィッチャー3』は膨大な量のクエストとその作り込みによってその世界のキャラクタ全てに命を宿らせたように、『GTA 5』は圧倒的な物量によって街を再現して見せたのと同じように、異常な程の作り込みによってオープンワールドというジャンルの一つの到達点へと達している。

zelda bow 04.jpg

その他にも、何でもない場面ですらプレイヤーが見ている景色をゲーム側が把握しているのではと思う程に絶妙なタイミングで挿入されるBGMも素晴らしい。
叙情的その音楽は、自然溢れる雄大な景色の美しさだけでなく、かつて高度な文明が存在しつつも厄災によって多くが失われ、大地には無数の悲しみが染み込んでいるという、この世界の持つ両面が余す所なく表現されている。


ただ一つ気になったのは、本作の自由過ぎる作りに加えて、料理等色々な遊びが出来る事は裏を返せばゲーム側から色々な遊びを要求されている事でもあり、しかもまだまだ序盤でありながらも本作はとてつもないボリュームである事が予想出来るほどに要素が多すぎる。
しかもリソース管理が重要である本作は、元も子もない言い方をしてしまえば、面倒くさい要素がかなり入っている作りで、おそらく本作をクリアまで遊ぶプレイヤーというのは、過去シリーズに比べても相当に少なくなるのではと思うほどに、昨今のゲームのようにプレイヤーの手を取って引っ張っていく作りでも無い。
しかし、世界の全てが遊び場だった子供の頃に夢見た里山のようである本作は、秘密基地を作ってそこへどんぐりやセミの抜け殻や牛乳瓶のフタを集めたものの、秘密基地メンバーは大きな事件を解決するでも無く自然消滅し、集めたアイテムは通貨価値を失い今となってはただのゴミとなってしまっても、そんな物に価値を見出し輝いて見えていた時間は確かにあったし、体験の記憶にはノスタルジーが宿ったのだから何かを成さずともそれでいい、というような思い切りすら感じる。

zelda bow 06.jpg

まぁ何にせよ凄いゲームですよ。
ゲームを起動し、マップを見ながら今日は近くにある湖に行ってみようか、それともこの山を越えて広がる平原へ行ってみようか、それとも未知の大地へと足を延ばして見ようかと考え、この世界に没頭し、ゲームを終えたらベッドの中で今日見た景色、起きたイベントを思い浮かべながら眠りにつく。至福の日々です。
2017年に発売された最も優れたゲームというレベルでは無く、私の中のオールタイムベストの一つに入るのは間違いない。

…というような感じで、ネットでよく見られる任天堂スゲー的な話に着地しましたが、いかに従来のオープンワールドゲームと違うかという部分を見ていくと気持ち悪い文章になりがち。
どうしても"違い"を探るという行為並びに言葉が行き着く所は自己愛なので、しょうがないんだけれども、そんな事を自覚しながらも絶賛するしかないゲームなんだよね。
こんなゲームを出してくるとは、やられたなぁ。
posted by murutori at 22:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

3月の予定

近頃のどが痛いなと思っていたら3月でした。花粉のシーズンですね。

そんな今月の購入予定
3日
Switch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
Switch本体の予約が出来たら買おうと思っていたら、ふつーに予約出来てしまいせっかくなのでコレ買います。
シリーズ初のオープンワールド。
詳しい情報はまったく見ていないけれど、従来のシリーズとは大分毛色の違うゲームになっているようなので、どんな仕上がりになっているのか楽しみ


9日
XBOX One or PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』
ゼルダと発売が近すぎ、オープンワールド2作連続という辛さはあるので、間に何か挟みたい所でありますが、ゲームはなかなかおもしろそう。
武器のパーツとかガッチャンガッチャン付け替えしたりするの良いよね。


今月はこの2本で。
その他気になる所では、2日に発売されたPS4『Horizon Zero Dawn』はSwitchが予約出来なければこっち買ってました。
近い内にやるリスト行き。
今月はそんな大作の合間に他積みゲーをチラホラとって感じで。PS4『Gravity Daze2』のDLCも出るしね。


あと、任天堂がSwitchからネット対戦などが有料のサービスになるようで。
まだ価格やサービス内容など詳細にはされていませんが、これでコンシューマゲーム機全てのネット対戦が有料に。
で、任天堂もXBOXのGWGやPSプラスのフリープレイのように、過去のゲームなんかを月替りで遊べるようになるサービスを予定しているようで。

前にも書きましたが、近年この手のサブスクリプション型のサービスによって、今までの人生で経験した事が無いほど安価で大量のコンテンツにアクセス出来るようになったのはスゲーっすね。しかも、その勢いがドンドン加速している。
現在私が利用している物だけでも、ゲームはXBOXのゴールドにPSプラス、映像はNetflix、Hulu、Amazonプライム、ラジオはエリア外放送の為にラジコプレミアム。
音楽は最近デジタルリリースと共にSpotifyで同時に配信されるケースが増えてきたので、Spotifyプレミアムに入ったし、雑誌はdマガジン。

それぞれのサービスが高くても月1000円程度という、割とどうでも良いというかまったく利用しない月があったとしても損とは思わないような額でこれだけのコンテンツにアクセス出来る環境になるって、一昔前では信じられない。
XBOXも今年の春からEA Accessのような月額サービスが始まるようですし。

サブスク系サービスのおかげで、出先ですら手持ち無沙汰という言葉が死んだかのように1秒たりとも暇と感じる時間が無い程にそれぞれのメディアにアクセス出来る状況はうれしいけれど、それはそれとしてスゲー忙しい。
大体これらに加えて今まで通り持ち歩いている紙の本や積みゲーもある訳で、逆に選択肢が多すぎて面倒くさい感じが出て来ました。

先日ラジオで伊集院光氏が、ドラマのカルテットを見ていたけど途中で見るのを止めてしまったまま録画が溜まっており「カルテット溜まってんなー。今暇だなー…カルテット溜まってんなー」って思うだけで結局見てないってトークがありましたが、スゲーわかるんだよね。
見始めればおもしろいし熱中するんだけど、一度冷めた熱が戻るのに気力が必要というか。
買ったままの本を本棚に入れて満足するとか、積んでおくだけのゲームとか今までもその傾向はあったにせよ、サブスク系や溜まった録画などは、勝手に新作が更新されていく(テレビは新番組が始まる)ので特にこの現象に陥りやすい。気力がある時、勢いに任せて一気に見ないとダメですね。

ちなみにNetflixの『ザ・クラウン』は3話まで、Amazonプライムで配信されている落語とその噺家の青年をテーマにしたアニメ『昭和元禄落語心中』はシーズン1の途中まで、Huluの『ザ・ソプラノズ』はシーズン4の途中まで、常に持ち歩いていて時間があったら読もうと数ヶ月はカバンに入っている管賀江留郎著『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』は半分まで読み、PSVita『Chaos;Child』を買ってみたら前作をやった方がより楽しめると聞いて始めた『Chaos;Head Noah』はまだまだ序盤。
手を出した中でも優先順位の高い物だけ抜き出して見たが、全て完走出来るのでしょうか。どれもこれも溜まってんなー。
posted by murutori at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

2月の予定

びっくりした。気付いたら1月が終わってたどころか2月も11日経ってました。
2月の予定と書いておきながら、今月何を買うかまったく予定にありません。そういや3DS『ハコボーイ ハコづめBOX』は買ったので、ちょいちょいやろうとは思っています。まだ箱も開けてませんけど。

最近の話では、PS4でも配信開始された『ダブルドラゴン4』。
FCの『ダブルドラゴン2』をベースとした作りで、技などが増えてかなりアレンジが入っているもののプレイフィールは悪くない。
特に空中コンボは面白く、ワンツーで屈んだ敵を掴んで膝を顔面に2回ガシガシからの蹴り上げてジャンプからの旋風脚とか、ワンツーからソバットで打ち上げてから落ちてくる敵に天殺龍神拳とかね。

ただなぁ、敵が少しアグレッシブ過ぎやしませんかね。位置によってはハメになるぐらいの起き攻めの多さと、対空攻撃やこちらの硬直には軸さえあっていれば確実に攻撃を放ってくるスタイルはなかなか厳しいものがある。
まだちょろっと触っただけで、有効な技とか全然詰めて無いので遊び続けると感じ方は変わるかもしれんけどね。

あと残念だったのは、画面にティアリングが多すぎる。
多すぎるっつーか、PCのゲームでこの状態だったら真っ先にコンフィグを見てV-Syncの欄をチェックするレベル。スクロールさせると背景が常に横線ガビガビ。
しかし、久々に脳に浮かんだワードですよティアリングって。PS3/360の時代ならまだしも、ここ最近の家庭用ゲームではfpsが落ちる事はあってもティアリングが出るゲームって減りましたよね。
2Dゲームで、しかもFC風のグラフィックなのにこれだけティアリングが出る状態でよく発売したな。背景だけ見ればファミコン以下だよ。
オリジナル版のスタッフが再集結した結果、微妙に現代のバランス(デザイン)とは違うものが出てきてしまってもそこはそれとして苦笑いで済まされるが、技術的な部分でコケているというのはただただ辛いので勘弁して欲しい。


そして先日リリースされたiOS『ファイアーエムブレム ヒーローズ』は落としてちょっとプレイしました。
シリーズはトラキアで終わってる私(その後も買っている作品もあるが全て積んでいる)なので、出て来るキャラがちょいちょいお前誰だよと言った感じだし、ゲーム内容に関してもその程度の人間がどうこう言える物でも無い気がするのですが、おそらくこのまま端末にアイコンが残っているだけで触る事無く終わりそうな予感。
きっと色々なキャラを育成した先におもしろ味があるのでしょう。ただ、この手のゲームにありがちな、延々とチュートリアルが続くような低難易度のステージがひたすら出てくる作りのゲームをちゃんとプレイ出来る忍耐力がありません。

ゲームプレイ中もあまりにも考える事が無さ過ぎて、SFCの『トラキア776』がリリースされた当時、ローソンに書き換えに行ったら、おそらくまったくその業務をやった事の無いであろう店員のおばちゃんが一人でマニュアルを読みながら「えーと…えーと…」と何度も手順を確認し、機械としばらく格闘している背中に向かって「すみません…ゲームオタですみません…」ってカウンター越しに心の中で謝っていたあの日を思い出してしまった。
おっさんになった今なら会計の際に「面倒な仕事させてごめんなさいね」程度の言葉はすぐに出てくるのであろうが、まだ若造だった私には、カートリッジを受け取るときに小さく「すいません…」と言って頭を下げることしか出来なかったよ。


あとゲーム以外の出来事としては、『ゾンビランド』の監督が製作総指揮の作品でNetflixにて配信開始されたドラマ『サンタクラリータ・ダイエット』。
夫婦と娘合わせて3人で暮らす平和な家庭だったのだが、奥さんが突然ゾンビに。
抑圧から解放されたというか、欲望に正直になった奥さんは以前より生き生きとした人生(ほぼ死んでるけど)を送り始めたのだが、問題はその食欲。
鶏とか牛とか超マズイんでフレッシュな人肉がどうしても食べたいという嫁の為に、夫婦で協力して死んでも問題がないような悪人を殺して食べようぜっていうホームコメディ。
最初の1話を夕食を取りながら見ていて、途中の嘔吐シーンの段階で食事中に見る番組ではないのかも?なんて思っていたらラストシーンでそれを越える勢いのある思い切ったグロ。たまたま箸で取り損ねたレタスを拾っていた直後、スッと顔をテレビに戻した瞬間だったので、ドラマのご主人と同じタイミングで変な声が出たよ。
そんなグロ多めな作りではあるものの、コメディとしてなかなか面白くて良いです。

今月はこんな感じで。
最近やっと近くの映画館で『この世界の片隅に』の公開が決まったので、今から見に行くのが楽しみでしょうがありません。
posted by murutori at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする