2017年08月01日

8月の予定

わちゃわちゃしてたら8月でした。
7月の出来事としては、エアコンが壊れて新しいのを取り付けるまで大変だったという記憶しかありません。あの数日の暑さで記憶が飛びかけました。

8月の購入予定ですが、今月は無し。
16日にPS4/PSVita『Undertale』が出るらしいので、それを買おうかなというぐらいで。いつかのSteamのセールでPC版は持っているけど、PSVitaみたいな携帯機で遊びたいんだよね。GPDWIN買えってのは無しで(気にはなるけど)。
まぁまだまだドラクエもイカも遊び足りないからそちらを。ちなみに私はケチャップ派です。


そんな訳で最近プレイしたゲームの話など。
Switch『スプラトゥーン2』
安定のおもしろさ。
1とは違う今回の発売直後のガチ勢と初心者が入り交じるカオスなナワバリバトルは良い意味でも悪い意味でもとても楽しめた。
それにサーモンランも良いっすね。Horde的なCOOPゲーは本作ぐらい短時間の方が繰り返し遊ぼうって気になるので、他ゲーもこれぐらいのプレイ時間になるといいなって思ったり。

しかし、チュートリアルが短く各要素が説明不足のままオンラインのマッチに飛び込ませるのはどうなんすかね。マルチプレイメインのゲームだからネットで調べろって話ですかね。最近のスマホゲーみたいに。
あと戦績等、対戦の記録までiOS,Androidのアプリを使わないと見られない仕様は理解に苦しむ。Statsぐらいゲーム内で見れるようにしとけよ。
あと頼むからBGMとSEのボリュームを調整出来るコンフィグを…。BGM切りたい……。


PSVita『レイジングループ』
数ヶ月前より謎のアドベンチャーゲームブームによりちょこちょこといくつかの評判の良いタイトルをプレイして来た中でも、本作が一番のめり込んだかもしれない。

バイク旅行中に道に迷った主人公がたどり着いたのは、深い霧が出ると住人に狼が取り憑き人を殺すという言い伝えのある村。
村人になりすましている狼を殺すため、住人同士が集まり話し合いにより一日一人を処刑する。そんな村に迷い込んだ主人公は、この村に残る因習の謎を解けるか?っつー話。

いわゆる人狼をベースとした物語に加え、タイトルにループとあるように、主人公は死ぬと同じ時間をループしてしまうという円環に囚われているという、この組み合わせがおもしろい。
死によって時間が戻っても主人公は死ぬまでの記憶を失っておらず、蓄積していくこの村の情報、また住人の人となりを見ながら、この村の呪いを解いていく。
主人公の行動の変化(ルート変更)によって人狼での役割が変化するのも面白いし、あえて誰が狼であるかという部分をゲームとしてクローズアップしすぎなかった点が良かった。

最後はアクロバティックというか、視点を変えた瞬間に霧が晴れる感じが京極夏彦の京極堂シリーズや、巷説百物語的な気持ち良さ。
ある程度話数がかかるだろうが、アニメや実写ドラマ的な展開があってもおもしろいかもしれない。Netflixさんどうっすか。ジャパンの田舎で起きるデスゲームをグローバルに配信。ダメっすか。

あと次回プレイするアドベンチャーゲームを既に買ってある積みゲーから目をそらしつつ新たなジャンルで探していた所、2chのギャルゲー板のスレの中に、"初ギャルゲーがアマガミとか初RPGでウィッチャー3やるようなもんだなw"というレスがあって笑ってしまったので、次は『アマガミ』やろうかなと。
私ゃ女子高生より20代後半から30代のOLの方が好きなんだけどな。


PS4『ドラゴンクエスト 11』
主人公のレベルが14になるぐらいまで進んだ。
フィールドの移動から戦闘まで全体的なシステムがビックリするほどDQ10。
シリーズとしては前作をベースとするというか、踏襲した作りになるのは当然といえば当然だが、初出がWiiだったゲームの土台そのまんま持ってくるかという気はする。

今作はシンボルエンカウントで戦闘突入前にプレイヤーが任意で敵を攻撃出来る(少量のダメージが入り戦闘開始)のだけど、攻撃した後の状態であってもランダムで不意打ちを食らうってのはどうなんですかね。剣で切った後に「敵がみがまえる前におそって来た」ってそれはないだろう。
フィールド上で攻撃をヒットさせるのはとても簡単なので、馬上など攻撃できない状態以外は事実上不意打ちを絶対食らわない状態になってしまうとしても、一方的に切りつけておいて相手の反撃に驚くという一連の行動に全く納得がいかないというか。

あと今回、完全ボイス無しというのもなんとも不思議な絵面。
日本のゲームに多いが、ゲームのオープニングムービーでのキャラクタ紹介で、キャラクタの名前の下に声優の名前が一緒にクレジットされているような推し方をされるとウゲーとなってしまったり、攻撃する度に「てやー」とか言うゲームに鬱陶しさを感じる私でさえ、2017年のゲームでしかもある程度のクオリティの画なのに、ここまで徹底的に声が無いカットシーンには違和感を通り越して不具合の香りすら漂ってしまっている。
オープニングで主人公が赤ちゃんだった頃のシーンがあり、そこでの赤ん坊の「おぎゃー」まで字幕て。「おぎゃー」はボイスではなくSEだろうよ。そもそも『ドラクエ5』で主人公が生まれる場面で「おぎゃー」って声を入れていたと思うが。
3DSの『ドラクエ8』ではボイス有りだったし、どうせ今後発売されるスピンオフ作品で声を入れるのだろうから、ここはもうボイスを入れてしまっても良かった思うよ。(面倒なオッサン向けにゲーム開始時にコンフィグでON/OFFさせときゃいい)

そこはそれとして久々のドラクエなので普通に楽しんでおります。ちょっと戦闘のテンポが悪いとか、文字表示の速度変更が出来ないとか、細かいロードが多いなど細かい不満はあるものの、手触りとテキストの雰囲気がちゃんとドラクエなのでとても良い。


最後にちょいと音楽ネタ。7月に良く聴いた曲をいくつか。

曲単体ではなくMixですが、Olly P - Happy Hardcore Bootleg Time (DJ Cotts Mix)


ベトナムのハードコアトラックメイカー、OllyPのマッシュアップブートレグをDJ Cottsがミックス。
Devin Wild - Into The Nightでサイコーな開幕から最後まで全編ヤバいサウンドばかりですが、特に9:00ぐらいからのDave Spoon - At Night、18:12からのEmpyrean Tears - Have to Easii Surviveはヤバさが突き抜けている。


脇田もなり - I’m with you


福富幸宏プロデュースという懐かしさ満載のサウンドに加えて、既視感満載でトロい感じの超ダサMVが素晴らしいど真ん中のハウストラック。
相変わらず歌謡曲だとか古めの音楽を聴くブームがずっと続いているので、こういった曲もすんなりと聞けて楽しいですね。


そんな懐かしさ繋がりで、まだまだしぶとく生き残っているFuture Funkから、ミカヅキBIGWAVEの新EP「わたしのYUME DIARY」より「愛にそうしますhotelシーサイド」。
https://mikazukibigwave.bandcamp.com/album/yume-diary-ep

このEP自体お気に入りで何度もリピートして聴いていて、その中でも「愛にそうしますhotelシーサイド」がクリティカルに刺さってしまった。
ちなみに原曲は斉藤由貴の『ストローハットの夏想い』です。


最後に以前も話題にしたImeruatのアルバム『Far Saa Far』から『Flakes』。


この動画は音ゲーのGroove Coasterから抜いたようですが、アルバムに収録されているのはフルバージョンで3分ちょいの長さになってますね。
めっちゃ複雑なサウンドなのに、スッと入ってくる気持ち良さ。超カッコいい。
posted by murutori at 19:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする