2017年04月18日

4月中旬の受苦

毎年ヒノキ花粉のアレルギーが酷い。
それは例年通りなのだが、今年は鼻水クシャミに加えて風邪のような症状が続いてまして。
その中でも特に辛いのが微熱。
ほぼ毎日37.5度の体温で、立っているとずっと船に乗っているようなフワフワ感があって結構キツイ。
ヒノキ花粉、まだまだもうちょっと続くみたいですね。もしも、この症状が来年からも出るとしたらスゲー憂鬱だなぁ…。


最近の出来事としては、『ドラクエ11』の発売日発表の映像を見て、PS4版と3DS版両方買いを決定。
そんなドラクエ気分の高まりから、安かった『ドラゴンクエストビルダーズ』をプレイしてます。
ジャンルとしてはサンドボックスなのだが、ゲームの進行はクエストを指示された通りこなさないとダメなガチガチな作りなんですね。
別にそれがおもしろくない訳では無いけれど、もうちょっとビルドする部分がメインだった方が良かったかな。
デアゴスティーニ的な感じで「週間アレフガルドを創る」みたいな定期的に設計図が送られてきて、それ通りに少しずつ世界を作るぐらいでいい。一日の最後に遊ぶゲームとしてはそれぐらいの温度がいい。


あとPSVita『EVE Burst error R』もちょこちょこと。
この作品はまったくの初回プレイ。
文章のセンス、特にギャグセンスと女性キャラのセリフがものすごく古臭い上に、無理やり入れ込んだようなお色気シーンが90年代感あって今遊ぶと良いですね。昔のドラマを見ているような古臭さが良い。


そんな80〜90年代をテーマとしたおっさんセレクトでお送りする、最近よく聴いた音楽の話。

L Plus & John B - Original 80's


3月にリリースされたL Plusのアルバム『Hideout』からの一曲。
このシンセの音!
この音一つで重心崩して海に転落していくようなダサさが素晴らしい。


High Contrast - Rez


去年3beatとサインしたHigh Contrastの新作EP『Questions』より。
元々Underworldの『Rez』はロンドンオリンピックの時にHigh Contrastがリミックスをリリースしていた(開会式の音楽監修がUnderworldで、High Contrastは音楽リミックス担当の一人だったからね)ので、それの再録と思っていたら、このEPに入っていたのはドラムンバージョンでした。
いやーしかしカッコいい。Rezのリミックスとしてもあんまり無いアプローチの仕方だと思う。


ミカヅキBIGWAVE - Driveに連れて行って


若い方や海外の方が聴くと、こういう90's感のある曲を新しく作ったのかと勘違いされるかもしれませんが、これは谷村有美の『SOMEBODY LOVES YOU』にフューチャーなディスコにカワイイフレーバーを足したBootlegです。(2年前ぐらいから流行りだしたFuture Funkですね)

このリミックス聴いた瞬間「あああああっこの曲あったなー」と懐かしさでいっぱいに。あまり積極的に谷村有美の音楽を聴いてなかったので、この曲を契機にベストアルバムオーダーしたぐらいにハマった。
しかし、谷村有美という存在自体が当時からよくわからない位置にあった記憶があり、ラジオファンが多かった為か妙に男性ファンが多かったのでアイドル的だったかと言われるとそうでもないが、確かにもの凄く人気があったアーティストの一人ではあります。
今あらためて聞いていると、キャッチー過ぎてクドイ甘さがあるもののシティポップ的な香りも心地よく、音楽的な評価があまりされなかったし再評価の流れも無い(懐メロ的な番組でもあまり取り上げられないし)のはもったいない気がする。

ちなみに谷村有美さんの夫は、その経営手腕が良くも悪くも話題になる事が多い、アップルからマクドナルド、そしてベネッセの社長を務めた原田氏です。若い人はおじさんと話す時のネタの一つとして覚えておくと、結局披露する場面が無いままの知識として脳の片隅で消えていくと思います。

この曲が収録された『Love Communication 恋通信 EP』の中からもう一曲。
ミカヅキBIGWAVE - Kawaii Dreamer


こちらの原曲は、Hiromiの『エラー』。

なんだかいつも聴いてるクリス松村のラジオとFuture Funkのおかげで、音楽の趣味がどんどん遡っていってしまうよ…。
posted by murutori at 22:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする