2016年12月30日

2016年に遊んだゲーム振り返り

毎年恒例、今年最後の更新は2016年に遊んで印象的だったゲームを振り返ります。
今年遊んだゲームなので、それ以前の発売の物も含まれます。
ハード表記は私がプレイした機種になりますので、あしからず。


XBOX One『Shovel Knight』
あくまでレトロリスペクトな作りでありながら、物語の仕組みは現代的という、とても今風のゲーム。
キャラクタを動かす手触り、音楽、ボス戦のおもしろさ、自分が今まで遊んできたアクションゲームの中でもトップクラスの出来だった。


XBOX One『DiRT Rally』
シリーズが進むごとにラリーというジャンルをカジュアル路線に加速させたDiRTシリーズがここに来て急ハンドル。
超シミュ寄りで、アクセル、ブレーキ、ステアリング全ての操作に恐怖が伴うゲーム。
シングルプレイモードでは、敵AI(といってもタイムが出ているだけ)が絶妙な速さのタイムを出してくるので、余程レースゲームが上手い人以外、息抜きにチョチョイっとドライブしてトップ取ってやったーっていうゲームでは無いので要注意。


XBOX One『Inside』
狂気のゲーム。
ゲーム中盤以降の展開は、あまりに異常な出来事ばかりで悪い意味は一切無く文字通り開いた口がふさがらない状態になった。
あんな物(生物)を操作しているのにまったくストレス無く動かせたり、ゲームとして細かい部分も非常に良く出来ている。
インパクトで言えば今年一番。しかし、この作品はBizarreとしか言いようがない。


PSVita『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』
最大40人まで参加可能なダンジョンRPGというメチャクチャなゲームに見えて、結構細部までこだわっている作品。あまり機能していない要素(パラメータ)もあったので、もうちょっと削ってスリムにした方が良かった気はする。

ダンジョンRPGというと戦闘部分、特にアイテム集めが中心となりがちだが、それに加えてここまでストーリーがおもしろいダンジョンRPGという物に私は初めて出会った。
ゲーム開始直後は、「はいはい、キャラクタがワイワイ騒いでドタバタする日常的なヤツね」なんてちょっとテキストを流し見するぐらいの感じだったのに、中盤以降の展開にグググッと惹きつけられたまま最後まで突っ走る。
奇抜なシステムと、魅力的なストーリーによって既存のダンジョンRPGの壁をぶっ壊した作品。なんせダンジョンRPGなのに壁が壊せるゲームだからね。
続編待ってます。


XBOX One『The Witcher 3: Wild Hunt DLC:血塗られた美酒』
あれだけよく出来ていた本編。もうあれ以上の物は無いと思っていたし、DLCが出てもせいぜいちょっとした寄り道が増える程度だと思っていたらコレですよ。
本編をしのぐ程に豊かでスリリングで美しくも悲しい物語。そして、またウィッチャー3を愛してくれたプレイヤーに対して最高のラストシーン。
去年は本編で、今年はDLCにて私のGOTYを2年連続受賞です。おめでとうございます。
またRPGでここまで感動出来る作品に出会えるとは思いませんでした。こうやって思い出しているだけでも鼻の奥がツーンとして来る。


PS4『ペルソナ 5』
システムやビジュアルは国内RPGでも最高峰だし、細部までこだわって作られているのはよくわかる。
ただどうしてもストーリーがダメだった。

序盤の滑り出しはとても良かったのに、中盤以降まるでネット炎上に加担するというか、目をギラギラさせながら躊躇無く叩ける人物を探そうとする主人公たち。
例えば、問題を起こしたり不快な言動をした有名人(芸能人)のブログやSNSアカウントに苦情や悪口のコメントを書き込んでしまうような、一線を越えた人が持つ気持ち悪さがあった。
何の覚悟も無く、何の根拠も無く、ただ世の中にとって悪い事をやっているだろうという真偽不明の情報を元に他人を断罪して良い筈がない。
長時間(80時間くらいかな)RPGとして本当に楽しませてもらったが、私はこのゲームのストーリーが嫌いです。


XBOX One『WATCH_DOGS 2』
『ペルソナ5』の次にこの作品を挙げたのには理由がありまして。
それは、この2作品は同時期に国内外でそれぞれ発売されたものの物語の作りはとてもよく似ている。
ペルソナではサイトに設置されたアンケートの支持率、本作ではSNSのフォロワー数を目標にどちらも若者が世間の闇をイリーガルな手法で暴き、世間をアジテーションするというもの。
具体的な数値で見られる支持数は承認欲求を刺激し集団の増長を招く。個人に善悪の理念が無く、多くの人が指示をしているのだから正しいことを私(達)はやっているという判断を自分に下すという事が個人でもやりやすくなったのが今の世界のリアルなのだろう。

で、主人公が所属するハッカー集団を運営している彼らは、世界中の個人情報などを管理しビッグデータを集めている企業がインサイダーなど法に触れる事を行っているという事実を暴きたいというのは理解出来る。しかし、そういった義憤にかられた何処にでもいるような青年である主人公が人を殺してまで世の中を良くしようとするのはやり過ぎな気がするんだよね。こんな事を言うのは野暮ですよ。それはわかってます。
前作では、身内が殺された事によって復讐に燃えるキャラクタが主人公だったのだが、そのせいかゲーム全体の雰囲気が重苦しいものだった。
そのカウンターとして軽いノリの作りで続編を作ったにしても、ただの青年(達)が人を殺す事に何も抵抗なく、まるで相手の端末をハッキングしてダウンさせるのと同様に、そこに居る人間を亡き者にしていくのには少々無理がありやしないだろうか。
ハッカー集団の間でも揉め事が有り、敵も味方も相当ヤバい奴らであるというのは所々のミッションで見られるものの、それは最初に物語のバックグランドとしてイベントの一つとして見せて欲しかったな。
ゲームとしては確実に前作よりもパワーアップしているのに、何か違和感の残るゲームだった。


PS4『アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝』
そして、話はこの作品へと続く。
財宝を探すという為だけに、毎回数百人を殺してきた相当イカれた主人公ネイサン・ドレイク。
だが、そんなキャラクタのエゴの部分を本作で初登場の兄に全て預けてしまい、ネイサン・ドレイクというキャラクタをただの善人に仕立て上げ、更にペラッペラな人物になってしまったのには笑ってしまった。
グラフィックや手に汗握る演出は他を圧倒しているが、最後までストーリーは相も変わらずでした。


XBOX One『Mafia 3』
物語の導入部とラストのみ素晴らしい。
解放、再会、強盗、裏切り、復讐。そしてラストシーンでのクドい仕掛け。
ただ、ゲーム部分は平凡過ぎる。ポンコツなステルス要素だけでなく、オープンワールドとしてグラフィックも技術的に追いついていないし、取ってつけたようなUBIタワー的サブ要素。今の時代に中堅メーカーがこの程度のクオリティで出してたら、スタジオ吹っ飛びますよ。

大体主人公は一帯を仕切るマフィアのボスとなっていく物語なのに、敵マフィアに知られないようにゲリラ戦を仕掛け続ける(もちろん主人公は元ベトナム帰還兵)ばかりのミッションで、基本ボス一人で全ての揉め事を打開していく。よく働く親方ですわ。
部下は一応上納金を収めてくれるものの、ある程度ゲームが進むまでは部下の家まで自分で取りに行く必要があり、その額も微々たるもの。これじゃ自転車でおばあちゃん家に行ってもらうお駄賃じゃねーか。わしゃボスだぞおい。


XBOX One『Forza Horizon 3』
本シリーズは最早ゲームとしては完成されているので、あとは新しいロケーションとそれに見合った車種が収録されていれば良いのですよ。
なんて思っていたら、それを上回るグラフィックの進化に驚いた。
DLCのBlizzard Mountainも吹雪きすぎってぐらいに吹雪。毎日吹雪吹雪な氷の世界である。


PS4『ファイナルファンタジー XIV』
オープンワールドを採用しているが、世界の広さがゲームに生かされていないなど全体的にベースの作りが古臭い。
サイドクエストも今やその世界観を補完するような、いわばその世界で生きる人々の生活を見せるような物が多くなってきた中、未だにただのおつかいをやらせるとか、あまり予算が無いスタジオが作る程度の物を見せられても。

序盤から展開が早い海外作品を意識したのか、先に公開された映画との兼ね合いもあったのか、ゲーム最序盤で親父が死ぬという起承転結で言えば"転"の部分を最初に持ってきているが、大コケしている。
結婚前夜の独身最後の旅行といった流れで始まる本作は、その浮かれたノリというか軽薄さが彼らの一番の魅力であるのに、旅に出てすぐ自国が襲われ親父が殺されたにも関わらず、のらりくらりと観光がてら人のおつかいをしている場合じゃないだろう。
横道にそれてしまうというものはオープンワールドゲームのあるあるとも言えるが、本作は途中からリニアになりオープンワールドのマップを捨てるのだから、親父の死亡を中盤以降ゲームが急展開する場面に持ってきた方が自然だと思うが。

一つイノベーティブだったのは、仲間が勝手に写真を撮ってくれるというシステム。これは凄い。
近年、本体のSS機能も含めゲーム内で自由に撮影が出来る(スマホで自撮りも増えてきたね)のは当たり前になってきたが、勝手に写真を撮ってもらえる事がここまでおもしろいとは思わなかった。
忙しい戦闘中や、ロケーションポイントでわざわざプレイヤーからで撮ろうとするのではなく、いつの間にか撮られていたり、写真撮ろうよって提案されるおもしろさ。友は宝である。
このシステムがあったからだろうか、近年のFFシリーズの中では最も仲間キャラクタに愛着の沸いた作品だった。


PS4『Ratchet & Clank(2016)』
限定版に同梱されている映画と同じストーリーの本作は、映画のダイジェスト版のような作りで、ゲーム版だけではちょっとストーリーが端折られ過ぎなのは気になった。映画版を見た人向けのファンアイテムみたいな作りなんだよね。
ただ、ゲームとしてのクオリティは相当高く、シリーズを1からプレイしたくなるリブートでした。こう書くとダメな作りだったみたいだけど、出来の良さに興味が沸いたって意味ね。
2017年のどこかで過去作品を追いたいと思ってます。


XBOX One『PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2』
モードによってはランダム要素を強くしたり、連なったゴーストを食べる時の視点変更など、新たに追加された要素はどれもスベり倒していたが、収録されているFutureなネオンサウンド全開の激ヤバBGM『PAC-TOY BOX』に出会えた幸せ(コレね)
作曲はナムコの井上拓氏だそうですよ。しかも2017年の春にPAC-MAN CEシリーズのサントラがスーパースィープから出るそうですよ。やったね。


PS4『人喰いの大鷲トリコ』
ラスト数十分が全てのゲーム。
良い意味でも悪い意味でも苦痛を伴ったゲームだった。


XBOX One『DOOM』
DOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOM
リブートしたドゥームはまさにドゥームでした。
銃を使って生き物の頭部をぶち抜いたり、手で引き裂いて血みどろにするって本当に楽しいね。


XBOX One『Shantae: Half-Genie Hero』
シャンティシリーズ最新作。
ドット絵からイラストっぽいヌルリしたグラフィックに変化したものの、なめらかなアニメーションは相変わらず美しい。
Metroidvaniaに近いシステムを採用している本作は、同じマップを行ったり来たりする必要が有り、人によって好みが別れるポイントかも。
本シリーズでは、一度シンプルな面クリア型アクションをプレイしてみたい。フルプライス払うからさ。

ゲーム内で手に入るカギを使って、コンセプトアートなどが見られるミュージアムに入る事ができ、その中にファンアートとしてユーザーから募集した絵が大量に展示してあります。
シャンティシリーズがマイルドなお色気感で抑えているのに、それを受け取った人が内なる情熱を表現しようとすると性の香りが強くなった絵が巧拙関係なく出てしまうという、漫画誌の読者投稿欄的な雰囲気がスゲー良かった。


PSVita『イース VIII -Lacrimosa of DANA-』
海岸で寝る姿もついに堂に入った漂流芸でお馴染みのアドル君が主人公のイースシリーズ。ついに無人島探索を中心に据えた作品に。
これがビックリする程によく出来ている。
アクションゲームとしては異常な程に多いボス戦と、マップ構成も飽きさせないバラエティに富んだ作りに。
日本のゲームでよく見られるテンポの悪い会話シーン(物語の流れを確認するように何度も同じような内容の会話をしたり、無駄な相づちが多い)など気になる点はあるものの、全体的な完成度はとても高い。
若干ロード時間が気になったので、2017年に出るPS4版で改善されているのであれば、これからプレイする人はそっちを待った方が良いかも。


PS4『龍が如く 6』
シリーズの主人公、桐生一馬の最終章。
最後は過去シリーズに登場した桐生ちゃんと関係の深い人々が織りなす集大成になるかと思いきや、意図的にその方向性から外した作りにしてきたのには驚いた。
『龍が如く0』で散々ファンサービスしたからもういいだろうって判断なのだろうか。
特に、桐生ちゃんが娘同様に見守ってきた遥に関するエピソードは、シリーズが生まれて10年以上、それをリアルタイムで追ってきたユーザーの年齢層も30代を越えて来た人が多いからこそ、この展開も許容してくれるであろうというある種の信頼を感じた。まぁ結果それが良かったかどうかは微妙な所だろうが、細かい部分をツッコんでどうこうというシリーズでは無いのでそこはそれ。

過去シリーズと比べてローディングが減り、戦闘から買い物までシームレスに繋がったのは素晴らしい。
ただ、そのせいかヒートアクションの種類が減少していたりと戦闘部分が若干パワーダウンか。
しかもボスは、スーパーアーマー持ちかつ避け能力の高いボスばかりでコンボなど対ボス戦では死にスキルばかり。武器も携帯出来なくなり結局スウェーからの攻撃でペチペチやるだけというスタイルは最後まで変わらず。もうちょっとなんとかならんかったか。


XBOX One『Gears of War 4』
ローカストとの戦いが終結した前作から25年後。
キャラクタが世代交代した本作は、イマイチ各キャラクタの個性がわからないまま物語が進んでしまった。しかも、なんだかんだで旧キャラがどんどんと出てくる展開で盛り上がってしまうという、否が応でも前3作の偉大さを感じてしまう悲しみ。
ラストはクリフハンガーというか、もう1戦何かあってもという終わり方だったので、早い所続編を遊びたい。
あと今年の後半は体調を崩してしまって、マルチの疲労感などに耐えられない事が多くて、シューターのビッグタイトルを見逃さざるをえない事になってしまったのは残念でした。


その他レトロなゲームの数々。
PS4で発売された『バトルガレッガ』や『グラディウス II』などの素晴らしい移植作品や、『WILD GUNS Reloaded』やPSVitaの『聖剣伝説』も画面はきれいになったのに当時を思い出すあの味はそのままで良かった。

あとNetflixで配信されたドラマ『ストレンジャーシングス』を見てから、それがオマージュしている映画を改めて見てみたりと70〜80'sに浸った中、当時何度もテレビで見た『グーニーズ』がやっぱ好きでして。
そこからFCの『グーニーズ』を何度もプレイしました。20分ぐらいでクリア出来てちょうど良い。「グゥーットイナァ〜フ」なんて口ずさみながらね。


他にもプレイしたゲームはたくさんありますが、2016年はこんな感じで。
来年もたくさん楽しいゲームと出会える事を願って。
それでは皆様良いお年を。
posted by murutori at 00:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする