2016年11月17日

PSVita『イース8』を途中まで

PSVita『イース8』
PSストアのセールで安くなっていたのでなんとなく買ってみて序盤をちょちょっと遊んでいるが、これはなかなか凄い。
アクション部分は特別これと言ったポイントは無いものの、その他のゲームシステムっつーか遊ばせ方が上手い。

RPG界の寅さんことアドル君、今回は乗っていた船がモンスターに襲われ遭難。上陸してしまったら最後、誰も出ることが出来ないといういわく付きの無人島へ上陸。
そこで、島の地図を作りつつ、散り散りになってしまった乗客を探しつつ、物資を集めて漂流村(避難所)を拡張させつつ、襲いかかるモンスターと戦いつつ、島を出ようぜってなお話。

無人島での探索といってもファルコムのゲームらしく、ガチガチにルートが固まっているゲームであるのだが、様々な道を交差させたりしていて窮屈に感じないマップ構成が非常に上手い。

もちろん島なので、お金などの通貨は存在しない。
その代わりに敵を倒したり、マップ各所に固定して配置されている採取ポイントである草や岩を叩くと出て来る素材を集め、それらを加工してもらいアイテムや装備だけでなく避難所の設備を強化していく。
ただ、やみくもに歩いて採集ポイントを探すのではなく、各所には特徴的な滝や木など目を引く名所のような場所が存在し、それらを発見すると周辺の採集ポイントだけでなく、起きるイベントまでもがマップに表示されるシステム。
コレを聞いて思い出しましたよね!そう!それです!今皆さんの頭に浮かんだそれです!
通称UBIタワーと呼ばれる、高所に登ってアンロックってなUBIゲーに入っている秘伝のタレ。
最早、それを入れておけばとりあえず食えるようになるという、オープンワールド界の創味シャンタン(旧ウェイバー)とも言うべきアレですよ。

この調味料が結構バランス良く効いている。
探索がテーマというとどうしてもゲームプレイがわりと単調で地味になりがちな中、マップ各所に配置された名所など印象的なポイントを用意する事で、目に楽しくダレる事が無い上にマップの位置関係も把握しやすくするデザイン。
しかも、序盤からかなり頻繁に挿入されるボス戦、その間には豊富に用意されたイベントシーン(これは多すぎて若干鬱陶しさを感じなくもないが)と、パンパンに身が詰まっているので飽きさせない。

そんなUBIタワーを筆頭としたゲームデザインだけでなく、決定とキャンセルの操作を○とXボタンでさせ十字キーを使用しない(意外と国内でやっている作品少ない)、ショートカットキーも感心するぐらいに使いやすい配置にしてあるなど、なかなかの作り込み。

そしてファルコムといえばBGM。


ゲーム最初に探索するフィールド場面で、いきなりこのBGMを流してくるのは本当にファルコム的っつーか、こんなハイカロリーな物をフィールドBGMにすること自体が日本のゲームらしさだよなって思ったり。

まだ始めたばかりなので中盤以降はどうなるかわからんが、ここまででも十分に感じるほどに見どころの多いゲームですよ。
posted by murutori at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする