2016年07月16日

夏だから

梅雨の間って、合間の晴れの日は暑いけど雨降りの日は寒いよねって言っていたのも昔。今は雨が降ろうが快晴だろうが暑いだけっすね。

そんな中、ちょっと恥ずかしいのであんまり書かなかったんですけど、わたくしちょいと脱毛好きな部分がありまして。
髪型が基本坊主なのも、伸びた髪のもしゃもしゃ感が嫌というのがあるのです。(これは自分に対してだけで、他の人がもしゃもしゃでもまったく不快では無いです)
で、その他の毛の感じは元来体毛が薄いというのもありまして、剃るのはスネとワキぐらいなもので、腕や胸など他の部分に関しては生えていないというか、近くで目を凝らさなきゃ見えないような産毛しかないので基本放置。

あと残るはデリケートゾーンです。デルタですね。鴨川デルタ(ちょっと前にNHKでやっていた『ドキュメント72時間』でロケをしていたが、青春感があってよかった)。
こちらは夏場など暑い時期に剃る方針。ただ脱毛クリーム的なのは肌が荒れるのでNG。とりあえずおおまかにハサミで切った後にカミソリでショリショリって感じが例年の流れです。

で、つい先日の事。
風呂場にて週に1回バリカンで頭を刈るので、そのついでに下も行っておくかと思いまして。そこでちょっと魔が差したんですね。バリカンをササッと洗ってそのまま下の毛を大まかに刈ろうと思ったのですよ。
目の悪い方はご理解いただけるかと思いますが、風呂場って物が見えづらい。
照明もあまり明るくないし、夜になると昼間の目の疲れも相まって視力が落ち気味。
漫画で描かれる所の目が"3"の状態のままブイーンって調子よく刈っていたら、「チュッ」って音がしましてね。
袋的な方をちょっとやってしまったらしく、一瞬「うわっ中身出ちゃうよ」って思ったり。まぁ実際はほんのちょこっと切っただけだったのだけれど、風呂場で流血すると引くぐらいブラッドが出ますよね。

しかしそんな股間の痛みよりも、なんかスゲー安売りされてて勢いで買ったまま放置していたPSVita『レイギガント』が超しょうもないゲームだったという痛みの方がデカい。いくら完全新作とはいえエクスペリエンスがこんなドイヒーな物をつくるとは、という痛み。
まぁそんな『レイギガント』の話はまた次回にでも。
posted by murutori at 00:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする