2016年02月22日

腰がアレ

今月に入ってから知人など周りの人の体調不良が続いています。
人によっては、軽い病気からの合併症でちょっと大事になっていたりしていまして。
普段とは違う体調の悪さが出た時などにその症状でググったりすると、妙に整ったしょうもないサイト(フリー素材っぽい写真がやたら多い)が真っ先に当たったりして、そのページの最後には必ず放置・悪化すると死に至るなんていう、ネガティヴが売りのサブカル漫画家のオチみたいになっていたりしますが、意外とバカにならないものです。
どんな小さな病気も油断ならんですね。

で、そんな私の方は腰痛が出てきてしまいまして。
ゲームに関して書きたいことが溜まっていますが、今度まとめて更新する形で。
どんな体勢でも文章が書けるように、スマホのフリック入力とか出来ればよいんだろうけど、いまだにQWERTYでポチポチだし、練習する気も無いというおじさん感。


そんなおじさんが最近バシッと来た音楽ネタ。

Andy C - New Era


リリースされたばかりのサイバーブリブリチューン。
ちょっと上げ過ぎなので体調によっては重い日もありますが、何かが一段落した時に現れる一瞬の無敵感にあわせるにはちょうど良い上げ具合。


Pomo - Blue Soda(Part1)


R&BプロデューサーのPomoから、さきほどとは打って変わってあっさりとしつつも味わいのあるサウンドの一曲。
一つ一つの音にクッと軽い溜めの効いたサウンドが心地よい。
ただ、3分21秒とちょっと短い曲なので、出来れば5分以上にエクステンドした形でも聴いてみたかった。


AudioSketch - Footsteps


AudioSketchから超超超超リキッドな一曲。
来月アルバムがリリースされるので、その後は帰宅中のBGMとして活躍してもらう予定です。
ゲーオタ向けとして『R4』とか好きだった方には、ザックリと刺さる曲ではないでしょうか。


渚ゆう子 - 京都慕情


ここ最近一番口ずさんだ曲がこれ。
そのきっかけとなったのは、去年NHKで放送された「ミュージックポートレイト」。
二人の著名人が対談形式で自身の歴史を語りつつ、その節目に聞いていた音楽を紹介する番組。
その録画を今更見ていたら、出演していたみうらじゅん氏が人生の最期に聞きたい曲としてこの曲を選んでいまして、コレもの凄く久々に聴いたんですよね。

一緒に住んでいた祖母が歌謡曲が好きで、朝から常にラジオがかかりっぱなし、テレビの歌番組は必ず見ているような家だったので、ヒットしていた歌謡曲の多くが私の体に奥底に残っていて、この曲も小さい頃によく耳にしてとても好きだった思い出があります。
で、そんな懐かしさから買った渚ゆう子のベスト盤の中でもやっぱコレが良い。作曲がベンチャーズ繋がりでは「京都の恋」も好きだけど、こちらの方が哀愁があって体に染みますね。
posted by murutori at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする