2015年10月22日

秋の小ネタ祭 2015

今回は在庫一掃セール的な小ネタ祭りです。

・iOS『メタルマックス ファイアーワークス』
ソシャゲには手を出していない私ですが、一応メタルマックスなのでと思い触ってみたら、今更ポチポチゲーで来るとは…。
これならドラム缶を押すだけのゲームでも出してくれた方がまだ悲しみが少なかったのでは。


・PSVita『クリミナルガールズ INVITATION』
『オレンジ イズ ザ ニューブラック』繋がりで遊びだしたクリミナルガールズ。キャラ設定が囚人って所しか共通点無いけど。
全体的にテンポが悪い所はアレだけれども、RPGとしては割と良く出来ている。
キャラの強化要素はレベルとお金を払ってスキルを覚えるのみで装備などは一切無しという潔さというか、分かりやすい調整しているのは強引すぎて逆におもしろい。ただそれでも階層(進行度)とレベルによって経験値を減らす等のレベルキャップを設けるような調整にはせず、レベル上げてゴリ押しを許容しているのは、監獄とは思えないやさしさ。
エロ要素とその際のしょうもないミニゲームはまったく要らないが、それが売りだからしょうがないのか。
クリアまで飽きずに行けたら続編買います。


・某井戸を落ちていくローグライクゲーム
先日SteamとiOSでリリースされてヒットしている某ゲーム。ガンブーツのアレ。
タッチ操作はちょっと無理があるので主にSteam版を遊んでいますが、確かに非常によく出来たゲームであります。

ただ、残念なのはこのゲームを取り巻く界隈の状況。
他の人の感想でも見てみるかと色々なレビューや作者様のTwitterを見ていたら発見してしまったある光景を目撃している時の感情をなんと形容していいのかわからないが、ゲームの出来とは完全に切り離せない程にアレでもったいない。普段からああいった物をなるべく見ない(近づかない)ようにしているだけに、たまに目にすると結構こちらにダメージを食らってしまいます。
そこはそれとして、このゲームに関して楽しめない部分が少しだけありますが、作者様が胸に秘めておけというので詳細は秘めておきます。ありがとうございました。今後ますますご活躍されることをお祈りしております。


・maak - Real Blue
そろそろ開催が近付いて来たのかな? チップチューンの祭典Famicompo(現在はFamicompo Pico)。
今までの受賞作品で一番好きで何度も聴いているmaak氏の『Real Blue』。
こちらは、もう10年前(!)のFamicompo Mini2からの作品ですが、Soundcloud上にアップされているのをたまたま発見したので改めて。



いいですねー。


・ドラムン方面
最近リリースされた中では、Danny Wheeler & Taku Takahashi - Elevator (feat. Shabba D)を良く聴いた。

Danny Wheeler & Taku Takahashi - Elevator (feat. Shabba D)


シャープさとマイルドさが混和したサウンドはひたすら気持ち良く、跳ねてキレのあるドラムのアッパーな音が快感に拍車をかける。アウトロに入りドラム以外の音が減って行くと、細かいブレイクがかかる形になっているのが超かっこいい。


Viperより来月リリースされるBrookes Brothers feat. Danny Byrd - Climb Highが公開。先日放送されたBBC RADIO 1のAnnie Mac's Friday Nightより。



なによもうこの最高なサウンド。ベースがかっこ良すぎる。


今月末にアルバムがリリースされるRockwell。そこから先行で公開された、Please Please Pleaseは2014年のベストソングの一つであるINeedUを彷彿とさせるような作り。

Rockwell - Please Please Please


イイね。イイね。イイね。
またRockwellの他、近い内にArtificial IntelligenceやLondon Elektricityもニューアルバムを出すんだけど、もう完全に渋滞してますよね。楽しみだけどさ、聴くの大変。


・その他
トランス界の大御所アーミン先生の大ヒット曲Another Youのリミックス。

Armin van Buuren feat. Mr. Probz - Another You (CID Remix)


ここ最近、昼間の車内で一番多くかけた曲がコレかもしれない。
posted by murutori at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする