2017年06月02日

6月の予定

一時期治まったアレルギー症状が1週間前くらいから戻ってまいりまして。
一日中鼻水出るわ、目は痒いわ、喉がイガイガするわで大変です。
この手のアレルギー症状って歳を取るほど酷くなるんですかね。症状が酷いというよりも、反応する項目が増えてきたというか。

そんな6月の購入予定
7日頃?
XBOX One『DiRT 4』
日本語版は7月に発売されますが、当然待てるはずが無いので海外版を。
前作3から6年ぶりの新作ですって。そんな前か。
ラリーゲーとしては、ガチガチの『DiRT Rally』があるので、ナンバリングの本線はカジュアル向けな調整で幅広いユーザーを取り込む形みたいな感じで、今後は2本の柱でシリーズが続いて行くと良いですね。

今月はこの1本で。

久々の更新なので、近況をつらつらと。

PS4『Life is Strange』
良い。とても良いゲーム。
ゲーム内で見られるコメンタリ(ストアからDLが必要)を見たら、製作者の方が、「時間を巻き戻して選択肢を選び直せるゲームなのに多くのプレイヤーは選択肢を選ぶ際に悩んでいた」とコメントをしていたが、まさにそういった入り込み方が出来るゲーム。

内向的な主人公の性格と若干イリーガルな発想をするヤバめな親友との掛け合いも素敵。そもそもこの親友のクロエというキャラクタに対してプレイヤーが好感を持たないと物語が成立しないであろう仕掛けなのに、ここまではっちゃけた性格のキャラを持ってくるのはさすがですね。特に現在の日本の作品ではアドベンチャーだけでなくゲームメディアでこういったキャラをヒロインとして据えるのは難しいと思います。

あと終盤のパートで主人公が悪夢を見る場面があって、そこがまさに悪夢感があって良かった。
ゲームの表現としてよく見る幻覚だとかサイケデリックな悪夢ではなく、今まで登場してきた物がミックスされて、それが悪夢になってしまったというか。
現実の夢でも、なんで家に置いてある物がこんな所に?とか、学生時代の同級生がその当時のままの姿形で会社に居たりとか、合成の度合いによって困惑したり、逆に夢から覚めた瞬間に笑ってしまったりするが、そういった夢という性質をうまく表現していたパートだった。


PS4『Salt and Sanctuary』
メトロイドヴァニア的2Dアクションゲームをベースに、ダークソウルシリーズの即死感やシステムをプラスした感じのゲーム。
全然情報を知らなかったけれど、絵の雰囲気どっかで見たなと思っていたら、『The Dishwasher』や『Charlie Murder』を作った会社の作品なんですね。360版で全て積んでます。コレ終わったらどれか触ろうか。

ゲームとしてはとてもおもしろいのだけれど、一つだけ問題というか、これは私の問題なのだが、このゲームはマップが存在しない。
探索ゲーでもあり結構広い世界なのにマップが無いので、まぁ迷う迷う。
攻略の順番もかなり自由度が高く設定されているようで、とにかく中盤以降から様々な場所へ移動出来る上に、各所に仕掛けを解くとショートカットが繋がるポイントが多々あり、行く先々にある分岐点をその都度記憶できない。
おそらくその他のシステムでも説明不足というか、あえて説明をしない方向で作られているゲームなので、マップ(オートマッピング)もあえて用意せず手探りの状態で遊んでねという事なのだろう。

ゲームの難易度としては、初見殺しが多いだけで特に難しいものではないので、それが要因で断念する事は無いが、ゲームをプレイするタイミングが数日開いて次にどこへ行くのか、そもそも今何処へ向かっているのかわからなくなったらそこで終了してしまう所だった。


動画配信関連
Netflixで最近見た中では『The Keepers』が凄い。
今から50年近く前にボルティモアにあるカトリック系の高校で起きた若い修道女(教師)の殺害事件。未解決のままで終わってしまった事件を彼女の教え子達が独自に追う中で、その学校にあった数々の醜悪な犯罪が暴かれ、逆に教会側は徹底的に隠蔽を図る様を映したドキュメンタリ。
全7エピソードで語られる中で、毎話次々と明るみになる当事者の証言が繋がっていく様子と、広がり続けた被害者達への救済のされなさに胃が痛くなる。
去年話題になった『くすぐり』もそうだが、金なりポストなりてある程度まで上り詰めた狂人とそれを守る人間の悪質さは筆舌に尽くしがたい。

Netflixはここ最近だけでも新作『アンという名の少女』はチェックしておきたいし、新シーズンでは『ベターコールソウル』、『アンブレイカブル・キミーシュミット』『FはFamilyのF』『ハウス・オブ・カード』が配信開始、9日からは『オレンジ・イズ・ザ・ニューブラック』と見ていた作品がバンバン追加されすぎて困ってます。

あとAmazonプライムで配信中の『有田と週刊プロレスと』を最近になってちょこちょこと見始めているが、これが非常におもしろい。
毎話一冊の週刊プロレスを肴にくりぃむしちゅー有田氏が語るという物で、有田氏のプロレス愛だけでなく、聞き役として呼ばれているゲストへの噛み砕き方が絶妙。
90年代の新日の闘魂三銃士と全日四天王の時代のプロレスしか知らず、最近のプロレスはまったく知らなかったが、久々にプロレスをちょっと見たいなと思うぐらいに熱の入ったプログラム。
亡くなった祖父がプロレスが好きで、一緒に録画したプロレス番組を見たり、近所に興行が来たら見に行ったりしてました。懐かしいなぁ。


最後にアルバムを一枚。
Moonchild - Voyager


Moonchild 3枚目のアルバム。
もう全曲サイコーなんだけれど、特に8曲目22:56からのRun Awayが好きすぎてヤバい。Moonchildの前作のアルバムタイトルはPlease Rewindだったが、今作はRun Awayをリワインドリワインドリワインド。
国内CD盤も発売されたばかりだし、デジタル販売はbandcampで、Spotifyには本作含め過去のアルバムも用意されているのでこの機会に是非。
posted by murutori at 21:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする