2016年08月27日

ゲームメモ供養祭 2016 晩夏

タイタンを降ろすアレの2は、前作での尖った部分を見事に削ってCOD的な物に寄せるという、前作の中心人物全員抜けたの?ってぐらいに解っていない感じがして悲しかったですね。
スゲーおもしろい作品だっただけに、ただただ悲しい。
フィードバック次第では大幅に変更されるのかもしれませんが。

という訳で、キーボードを打つのはサボりまくっていたのにゲームはやりまくっていた間、感想が溜まりまくっているので、一気に片付けます。
遅れてきたお盆企画的な感じで一つ。


PSVita『レイギガント』
アニメというかライトノベル感っていうのかな?その辺りはよくわからんが、たぶんそういった層に向けたダンジョンRPG。
ザコ戦からボスまで全てが固定エンカウントで、アイテム(宝箱?)の位置も予めマップに表示など徹底的な初心者向けでありながら、レベルアップや装備の入手はドラクエで言う所の"種"を与えて成長させる的な、キャラクタをプレイヤーが任意で選んで成長させるという、あえてわかりにくいシステムにするという謎のスタイル。
そんなシステムなのに、主人公以外のキャラクターは話が進むと強制離脱するという輪をかけた謎さ。
そんな作りなので、詰みが発生しないように極限まで難易度を低く設定してあるというのは、本末転倒。顔面スライディングである。


PSVita『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』
『レイギガント』の傷を癒やす為に買ってみたら、この作品は凄かった。
最大40キャラクターが同時に戦闘に参加するというメチャクチャなシステムに見えるが、実際はそのメンバーを5つの塊として管理し戦う作りになっており、この手のジャンルに慣れている人であれば違和感なく遊べる作り。

そしてダンジョンRPGとしては珍しくストーリーがおもしろい(失礼)。
おそらくキャラクターデザインからのギャップを狙っているのだろうが、ほんわかとした見た目に反して重厚でハードなファンタジー作品。
コメディの要素が強かった序盤から徐々に不穏な空気を漂わせ始める中盤、世界観など全体が明らかとなる終盤の盛り上がり、そしてエンディングでの寂寥感。
今まで遊んできた国内RPG中でも、相当上位に入るほどストーリーのインパクトのある作品だった。

ただちょっとイマイチだった点として、システムが煩雑過ぎて上手く生きていない要素がいくつかあったり、ザコ戦が超簡単なのにボスが妙に強かったりするバランスなど粗い部分が散見される。
装備、特に防具も複雑になりすぎている部分も減点。
強力な装備が手に入った時には、上位メンバーから下位へと今までの装備のお下がりが発生するが、どうしてもパーティメンバーが多いのでその管理が超面倒くさい。防具は頭・体・足・アクセサリと律儀に用意されているが、頭を削るか、思い切って体とアクセサリの2つに絞ってしまっても良いと思う。

『ウィザードリィ』を祖として独自に発展してきた国産ダンジョンRPGの中から、ここに来て新たな枝の誕生。
ストーリー的に続編は難しいかもしれないが、是非ともこのシステムを流用した続編を作り続けていただきたい。


PS4『ラチェット&クランク THE GAME』
いまや何でもかんでもオープンワールドにしがちな中、小さなマップに区切った世界にそれぞれミッションが用意されている作り。
行く先々で新たなガチャメカ(武器)を入手、ワシャワシャと出てくる敵に対していろんな武器をぶっ放し、画面全体をボルト(お金的なアイテム)で埋め尽くすサクサクと進める爽快感重視の良質アクション。
昨今のCG映画のようなグラフィックで、ストレス無く手触りの良いアクションゲームを10時間程度でクリア出来るお手軽さがおじさんにはうれしい。おじさんじゃない人にはボリューム不足かも。

本作パッケージ版の限定版には映画が付属しており、ゲームと同じストーリーを元にした映画となっている。
映画とゲームで若干の設定の変更はあるが、まったく同じ脚本・シーンが使用されているほどに同じ。
で、ゲーム版の方はテンポの良さを維持する為かムービーシーンがかなり少なく、正直ストーリー部分に関してはパズルのピースが抜けすぎて全体の絵に影響が出ているのではと感じる程に省略され過ぎ。
上手くお互いのメディアの相乗効果が生まれていれば良かったのだろうが、映画版を見た人向けのダイジェスト版キャラゲー的な香りが若干出てしまっているのはもったいない。

あとクリア後にちゃんと調べてみたら、どうやら本作はPS2で出た1作目のリメイクというかリブートに近い形の作品で、1作目のストーリーとは結構違うらしいっすね。
シリーズ始めるなら本作から始めようと横着したが、結局元の1作目もプレイしないとダメか。


XBOX One『DOOM』
見事なリブート。このゲームはDOOMとしか言い様がない。
見て避けれる敵の攻撃、押し寄せるクリーチャー、超強いショットガン、ダッシュ操作など要求しなくともデフォで超速い足。縦横無尽に動き回りながら、ひたすら銃をぶっ放しして周囲を血みどろにしていく快感。
そして『Brutal Doom』からインスパイアされたのでは、というぐらいに見せてくれるゴア表現の数々。

広いマップの中でワラワラと出てくる敵に対してハイスピードで移動しながら、銃声と血しぶきの音に酔いしれつつ、弾が無くなればチェーンソーに持ち替え敵の体を真っ二つにし、その体内から飛び散る弾薬を補給、また襲い来るバカ共を弾丸で肉塊にしていくという一連の流れは、体の奥底にある暴力性を引き出し極限まで高めてくれる。
ここ数年でプレイしたFPSのシングルキャンペーンモードの中でも一番楽しかった。


PS4『アーケードアーカイブス アルゴスの戦士』
高田馬場ゲーセンミカドさんがアップされていた2016年8月アクションゲーム配信 アルゴスの戦士(Rygar) を見て、永パ防止キャラの避けに感動し購入。
私にとって『アルゴスの戦士』といえばFC版(AC版が好きな人には毎回ディスられる作品)だったので、初めてAC版をプレイしたが、これがまぁ難しい。全27面中、半分ぐらいまでしか行けんよ。
とりあえず1コイン目指してちょこちょこ遊びます。
2Dでもジャンプアクションではなく、この手の『スパルタンX』みたいな左右からくるヤツをさばきながら進むゲームってたまに遊びたくなる。なのでアーケードアーカイブスで是非『侍日本一』をお願いします。


PS4『No Man's Sky』
発売前の本作に対して、『アクアノートの休日』っぽさを感じると書いたが、多少ゲーム的な味付けはしてあるものの雰囲気は非常に似ていると思う。
超広いマップを用意しましたという一点突破でなんとかしようとしている辺り、3世代以上前(初代PSというか90年代)のような作りで、これを現代で、しかも$60のフルプライスはキツイなぁという。あの当時なら全然大丈夫だったけれども、今では未完成だとかアーリーアクセスで出せと言われるのはしょうがない。
ゲーム部分に関しても、序盤からどんなアイテム・物質が重要なのかわからないにも関わらず、インベントリの制限がキツすぎる(マルチをメインにしようとした名残か?)とか、そもそもチュートリアルが不親切&仕様の説明が無さ過ぎとか、昔の洋ゲー的な無駄にリアルかつほとばしる不親切さ。

大したカスタマイズ要素もなく、どこかホームとなる惑星が作れるわけでも無く一期一会で惑星を飛び回り、装備をアップグレードしながらただただその都度移動(ワープ)に必要な物資を集めていくだけ。
それでも地表に立った状態から空を見上げ浮かんでいる惑星へと宇宙船で乗って飛んで行けるというロマンは感じる。
それに、起動すると特に盛り上がりも無いのに数時間は遊んでしまうという、ダウナーな中毒性はある。
ただ、絶対に人には勧めないし、迷っているなら止めておけと断言出来る作品。
posted by murutori at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする