2016年07月03日

7月の予定

東海三県、特に愛知県民にとって衝撃であった宮地佑紀生氏の逮捕。
平日午後のワイド番組である『宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』は、学生の頃によく行っていた本屋で必ずかかっている番組でした。
その本屋は今ではあまり見なくなってしまったような小さな個人経営の店。
所狭しと並べられた新品の本だけでなく、買い取った本が通路をはみ出し、上は天井までうず高く本が積まれているような店内。
カウンターから対角線上で一番遠い位置にラジカセが置かれており、カウンターから常に発生する古本の断面を削る研磨機の音に負けないような大音量でラジオ流すという、備え付けの音響機器を使用しないストロングスタイルの店でした。
ラジカセ周辺には、私が当時好きだったミステリがたくさん置いてあり、大音量による頭痛と戦いながら背表紙を見つめていたものです。
宮地佑紀生氏の名前を見るたびに、あの古本屋の雑然とした店内と独特の匂い、夏の日の帰り道と効きの悪い空調、客の方をまったく見ない店員のオバちゃん、ひたすら研磨するオッサン、エロコーナーで立ち読みをする背広組、氏の声を聞くと一瞬であの光景を思い出すのです。


さて、そんなおっさんの昔話から戻って現在2016年7月。今月の購入予定です。
といっても今月は特に無し。

気になる所では、28日PSVita『世界一長い5分間』。
開発をしているのは、スマホゲーでリリースした作品が多くのファンを獲得したというSYUPRO-DX(公式サイト)
スマホゲーからベタ移植は良くみるものの、もともとスマホゲー出身デベロッパーがコンシューマ専用新作を出すってのは相当珍しい事ではないでしょうか。
とりあえず既にリリースされている『奴は四天王の中で最も金持ち』と『彼女は最後にそう言った』をダウンロードしておいたので、肌に合うようだったら『世界一〜』の方も買ってみます。

今月はそんな感じで。


そういえば、先日リリースされたXBOX One『INSIDE』。
海外レビューで高評価が爆発していたのでプレイしてみましたが、このゲームで体験した事や心に湧いた感情を上手く言葉で表す事が出来ません。
ただ、このゲームを一言で表すならBizarreな作品ということだけ。
これからプレイしようという方はネタバレを避ける為に、絶対にプレイ動画等を見るべきでは無いし、リアルなフレンドでネタバレしてきたヤツはグーパンチして構いません。私が許可します。

ただ、ゲーム中浮かんだ言葉として、クリアした後に「どうすんだよコレ…」
途中に出てくるキャラを見て「汁男優」
という2つのワードがありました事をお伝えしておきます。


あと最後に音楽ネタ。

7月末にHospitalより発売されるKrakotaのファーストアルバム『Strange System』。


まだ全曲フルでは公開されていませんが、このアルバムミックスを聴いただけでヤバい事が明確であります。
特に、39秒からの『Carmine』
2分7秒からの『Turn of Fate』
4分2秒からの『Meridian』
ジョバジョバー。いろんな汁がジョバジョバー。
このようなクオリティのアルバムは年に数枚あるかないかというレベルなので、ドラムン好きはマストです。


Nosferatu & Neophyte - Daar zijn we weer!


オールドスクールなハードコアの中でも有名な曲、BodylotionのMellow Moenie Mauwe(コレね)のリミックスというか2016年版的な曲(そもそもNeophyteはBodylotion)。
またおっさんの昔話で申し訳ありませんが、私が中学生の頃。
avexが海外のレコード輸入だけでなくユーロビートや所属アーティストで一発当て始めた頃、海外の音源をコンピCDにしたものをジャンル毎にリリースしていました。
その中にハイスピードテクノやロッテルダムテクノ(今で言うガバはまだ一般的な名称ではなかったと思う)のコンピがあり、定期的に発売されるそれを欠かさず買ってました。
そのハイスピードテクノシリーズのどれかに入っていたのが、BodylotionのMellow Moenie Mauwe。音の太さに圧倒されて何度も何度も聴きました。めろむにまうあ、めろむにまうあ、めろむにまうあ、あわあわあわ。


最後はしっとりと、オランダ(またオランダかよっていう)のバンドTristanが先月末にリリースしたアルバム『Lifestyle』からの一曲。

Tristan - Admiration


基本的にはソウル・ジャズのバンドですが、KBの音などのフュージョン感と70's辺りなソウルの香りが共存しているかのような音楽。
フュージョンは一歩間違うとダサい音楽になりがち(私の偏見)な中、彼らのパワフルなセンスと様々なジャンル・世代のクロスオーバーによるグルーヴ感によって洗練された音楽になっている。
この一曲で虜になってしまい、過去のアルバムまで全て買ってしまいました。
過去3枚のアルバムを通しでずっと流し過ぎて、その他の新譜チェックが遅れる事態であります。
posted by murutori at 22:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする