2016年06月03日

6月の予定

近所のコンビニにたぶん最近入ったであろう店員さんが、DJみそしるとMCごはんにめっちゃ似てるんだけど、たぶんそんな人は全国で100人ぐらいいそうだなっていつも思ってます。

そんな6月の予定。
とは言いましても、完全に積みゲーが溜まったままなので、今月は特に無し。
SF版アクアノートの休日的楽しみ方が出来そうな『No Man's Sky』が今月で楽しみにしていたのに、8月に延期してしまったし。
9日発売の『MIRROR’S EDGE CATALYST』は評判が良ければプレイしてみたいけど、前作と同じようなぼんやりしたゲームなら別にいいかなぁという。

で、5月中ずっとプレイして、積みゲーが溜まる原因である『ウィッチャー3』。
DLCをプレイする為、また1周目とは違うエンディングを見る為に始めた2周目なのでサラリと終わるつもりが、1周目よりも時間をかけてプレイしているっていうね。
登場人物や固有名詞が多いので、ある程度把握している方が物語を理解しやすいってのもあり、2周目の方がよりゲームの世界に入り込んでいる感じ。
しかし、1周目でも結構プレイしたはずなのにまだまだ見てないイベントや行ってない場所が山ほどあって恐ろしい。

しかも先日配信開始されたDLC『血塗られた美酒』と共に大型のパッチがあたり、UIが以前とは大幅に変化。
もう一度画面のチュートリアルが入る程に変更・調整され見やすい物(そもそもそれほど悪いUIでは無かったのに)へと発売から1年経った後に改善されたりと、完全にどうかしている人達が作っているウィッチャーの世界へもうしばらくのあいだ浸ります。
ここ最近はRPGで2周目を遊ぶ事も滅多に無くなった中、ここまでゲームシステムだけでなく物語にまでハマったRPGって本当に久々かもしれない。

ただ、現在ドラマの『ハウス・オブ・カード』と『ザ・ソプラノズ』もちょこちょこ見ていて、こちらはかたや政治家、かたやマフィアとまぁ似たようなもんですけど、どちらもおっさんが主人公。ゲームの『ウィッチャー3』とあわせてずっとおっさんを見続けているのが若干アレなんですけれども。ゲームやドラマ後に風呂入って鏡見るとまたおっさん。もうおっさんばっかりだよ。


最後にちょろっと音楽ネタ。

Srav3R - Kamuy


日本の若手トラックメイカーSrav3R氏の初のCDリリースEP『Kamuy EP』からの表題曲。
ジャンルとしてはUKハードコアなのだろうけど、上に乗っかっている物がFuture Bass的なアプローチでかなりおもしろい曲。EPにはaran氏やDJ Noriken氏がこの曲を真っ当でカッコイイUKハードコアにリミックスしている中、そこはそれとして原曲での絶妙なキックの抜きとか超気持ち良い。

同EPに収録されている『Reversal』も好き。
Srav3R - Reversal


こちらのEPは4月に行われたM3で販売の後、通販でしか手に入らないCDでしたが、先月25日より配信サイト(AmazonとかiTunes)でも販売が開始されたので、興味があれば是非。
Srav3R氏は今後の活躍を期待するトラックメイカーの一人として注目していきたい。


次に、Hospitalからリリースされたブラジル出身のアーティストで作られたEP『The Future Sound of Brazil』(流れでLondonって打ちそうになる)から。

Urbandawn & Bungle - Sacred Floor


以前、UrbandawnのNeon Nights(コレ)がイイねって話をしましたが、やっぱ彼はやってくれますね。
Liquidを通り越してPurgeされて灰になるっつーか。


もう一つ最後に、ちょっと前の曲を。
Cola Splash - Bacon Buster


特に自分から聴こうとはしないんだけど、ランダム再生でこれがかかると中盤Amenからのドラムンパートで毎回結構テンションが上がるっていう、何かの拍子にかかって欲しい曲。
posted by murutori at 00:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする