2016年03月07日

3月の予定

暖かくなってきたからか、モーラステープのおかげか大分腰の具合が良くなってまいりました。

先月から友人・知人の体調不良が続いていると書きましたが、その中でも大変お世話になっている方が入院されまして。その後、夜間急に病状が悪化した為に緊急で行った手術も無事も終わり、先日お見舞いに行ってきました。
術後の経過も良く、久方ぶりにお会いしたのでお互いの近況などを話していたら、たまたま通りがかった流れなのか回診の予定ではなかったのに執刀医の先生(40代くらいの男性)がやって来て開口一番
「どう?もう痛くないでしょ!いやぁ良かったねぇ」から始まり
「次の日に大きな手術が入ってたから本当はもう休みだったんだけど、あんまり痛そうにしてたから手術してあげたんだよー!ねー良かったねー!上手に手術したから傷も全然目立たないし!ねーもう大丈夫!はいはいまたね!!」
というマシンガントーク。

私があっけに取られたままでいたら、その方が笑いながら説明してくれて、どうやら回診の度に必ず「次の日に大きい手術が入っていたけど痛そうだから手術をしてあげた」という話が入るらしく、今回で3回目との事。
先日退院されてその話をまた電話でしていたところ、退院時にも話されたそうで、結果5回同じ事を聞かされたと。
たまたま同室に居た他の患者さんにもこんな調子で、いかに私が素晴らしい医者かという部分を惜しげも無く出してくるスタイルで回診をしていらして、そのインパクトが強烈で強烈で。

しかし、この過剰さが醸し出すおもしろさ。
1回目は私と同じくあっけにとられるだけで、2回目だとちょっとそのアクの強さに人によっては嫌悪感を抱いてしまうかもしれないけれど、3回・4回となるとその過剰さが花開いて別の意味が出てくるのが良いですね。
私も腹腔鏡手術が必要になった時には是非この先生に担当してもらい、回診の度に違うバリエーションで感謝の言葉を重ねるアトラクションを楽しみにしたいと思います。


さて、3月の予定でございますが、今月発売の中でピンと来るものが無いんですよね。
一応16日XBOX One『Shantae and the Pirate's Curse』は買います。でも3Dじゃないから魅力半減。いや半減って事は無いけど。
ただ、ふつーの面クリア型2Dアクションなら繰り返してプレイするのは割と大丈夫だけれども、能力のアンロックと共にマップ内を行ったり来たりするデザイン(Metroidvania)は、周回プレイするのはちょっとキツイかも。タイムアタック的に楽しむのが正解なんだろうが。

あと、この前ニンテンドーeショップみたらセールしていた3DS『世界樹の迷宮IV』は一応3までナンバリングは買っていたことを思い出して、こちらも買っておいたのでいつか遊ぼう。なんとか5が出る前に。

そして、今月PS+で配信されているPSVita『朧村正』。本編はWii版で遊んだものの、Vitaで配信されたDLCが気になっていたのでこの機会に。


今月はそんなゲーム界隈よりも、VOD界隈の作品ラッシュがあまりにもヤバすぎる。
HuluはHBO作品の配信が再開し、以前チマチマと見ていたら途中で配信が停止されてしまった『ソプラノズ』が復活(しかも全話)だけでなく、新たに『Game of Thrones』までも。

Netflixは相変わらずオリジナルが強く、『フルハウス』の続編『フラーハウス』が開始。
数話見たがキミーの動きから表情まで当時とそのまますぎて笑った。ただギャグなど全てが当時のテイストを再現しているので、ファン以外には古臭さが無理っぽい作りではある。(海外サイトで、エロシーンの無いパロディAVのようと評されていたのは酷すぎるがちょっと解る)
で、アメリカが大統領選でワチャワチャしている中、タイムリーな『ハウス・オブ・カード』もシーズン4まで一気に。
毎週火曜日には『ベター・コール・ソウル』が来るし、『デアデビル』のシーズン2も今月開始。
全部見るのは大変だわ。

まぁ今月はこんな感じで。


そして最後に、今月頭にリリースされた最高のEPを一つ。

Velocity - Night Owl EP


Velocityさん待望のEP。
表題作のNight Owlと並んで、2曲目のThe Moonstone Themeが良い。(YouTubeではフルで公開中)
Liquid!!!!Amen!!!Smooth!!!でもうたまらんね。上モノからベースまで全ての音が涙が出るくらい大好き。
posted by murutori at 21:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする