2016年01月28日

ツクール

Netflixで配信されている『殺人者への道(原題はMaking a murderer)』が凄かった。
女性への性的暴行の罪で刑務所に服役していたオッサンが実は冤罪である事がわかり18年ぶりに釈放。と思ったら、今度は近所で起きた女性失踪事件に関与していた事を疑われ逮捕。結果殺人罪で仮釈放無しの終身刑を食らって現在も服役中だが、その裁判がいかにてきとーな物だったかを追うドキュメンタリー。
何が凄いって、地元警察と検察などの関係者が全力を挙げてオッサンを犯人に仕立てあげようとする様が1話1時間を10話に渡って描かれている。

冤罪事件を起こしてしまいメンツを潰された地元警察の逆恨みと、何度か前科(服役歴)があり裕福ではないオッサンが持つ怪しさに対して善良さを体現するかのような被害者女性(もちろん白人)の組み合わせに報道が過熱した事に加え、そもそも地元に馴染もうとしなかったオッサン一家の性質にも関わらず冤罪被害者で英雄化&多額の賠償金ゲットチャンスで妬みのような形でより排他的になった村社会の町など、様々な要素が入り混じってメチャクチャな事件となっている。

ドキュメンタリー作品なのである程度一方的な描き方になるのはしょうがないとしても、関係者全員顔出しで警察関係者だけならまだしも、被害者遺族までかなりアレな人として捉えかねない演出にしてあるのには逆に引いてしまった。

去年の年末に公開されて以降、アメリカのニュースメディアはこぞって取り上げ、しかもホワイトハウスへ大統領の恩赦(釈放)を求めて署名が集まる(結果は権限が無いという事で拒否された)なんて事になってまして。

警察の捜査も検察の主張も雑というか悪意に満ちているという部分はあり、よくこんな証拠で有罪にしたなと思う反面、それでも本作が意図的にカットしてある部分に有罪になっただけの根拠があったかもしれず。
まぁ結局真実は本人にしかわからないのだけれども。


音楽ネタ。

先日Carpainter氏のニューEP『Noble Arts』がリリースされました。



NEST HQに載っているコメントにもあるように、今回はJukeやゲットーハウスをベースに、BPM150辺りまで上げて再構築した作品。
これらのジャンルに特徴的な細かくカッティングされたヴォーカルや変則的なリズムに合わせて、Caperinterならではのフューチャーな味わいとバウンシーなビートがプラスされた本作は、この手のサウンドはあまり聞かない私でもスゲー聴きやすくて心地よい。
特に4『Robot Jit』と6『From Your Eyes』サイコーっす。
posted by murutori at 01:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする