2015年11月25日

消化

ぼんやりしてたら11月も終わりそうです。
今回は先月よりがんばって消化したゲーム達の感想が溜まって来たので、それぞれサクサクっとやっつけます。
FPSは主にシングルの感想ね。


PS4『Wolfenstein: The New Order』
一応自然回復はあるものの数値による体力表示と、演出過剰ではなくあくまでもFPSとして射撃の場面を多くとったり、ラスト付近には大型のボスも登場し、マルチは無くシングルのみと、オールドスクールで懐かしい香りを目指した本作。
全体的にB級な作りで、過度なゴア表現があると思えば急に泣きの演出が入ってみたりと、安っぽい。しかし、そんな安っぽさがあるからこそこちらも構えることなく物語が見られる。その温度が丁度いい。
なによりゲーム序盤で残酷な選択をプレイヤーにさせておいて、それがラストに繋がる部分はとても良い。コレってSFC『フロントミッション』のカレンデバイスですよねー。
ひとつだけイマイチな点。古い作りのFPSを目指すのであれば、落ちている弾薬は自動取得にするべき。いちいち拾う動作をさせるのはオールドスクールじゃないっすよ。


XBOX360『Battlefield: Bad Company』
主人公達が見せる軽めのやり取りが心地よい。
ゲームとしては一応マルチに用意されている要素の練習という意味合いが強いのか、広いマップを移動してチマチマとした戦闘をし、制圧したらまた次の場所へという流れ。ちょっと古くさい作りだけれど、各地で用意されている戦闘部分はつまらない訳でもなくそこそこ遊べる。

プレイしている間に、そういえばこの前会社の人が今度スイーツマラソンに出ると話していたのを思い出した。
スイーツマラソンってのは、マラソンの給水所の代わりにスイーツが置かれているマラソンだそうで。要は目の前にご褒美があれば移動は苦にならないのかーってこのゲームやりながら考えていた。


XBOX360『Battlefield: Bad Company 2』
続編となる今作ではちゃんと当時のトレンドを入れたのか、前作のような移動は無く『CoD』シリーズのようなふつーのシングルモードに。
BFシリーズの中でも最も遊びやすく、最も楽しいシングルモードではなかろうか。

途中お調子者のヘリのパイロットが死亡フラグ立てまくった後でちゃんとフラグを回収してしまう展開になっているが、軽いノリの本作にはそんなしんみりする場面は要らんだろう。
物語のラストに全身包帯グルグル巻きで現れ、手をニギニギさせながら「今すぐにでもヘリを飛ばせるぜ」とでも言って欲しかった。


XBOX One『Battlefield 4』
『BF3』も大概ドイヒーなシングルモードだったが、それに迫る勢いでこちらも酷い。
これだけご都合主義なお膳立てをしたのに、見事な尻すぼみで終わる物語は中々見られない。そういった意味では遊ぶ価値あり。

あと、まだ序盤のミッションだったと思うが、何をしても先に進めない事があって参った。
何度チェックポイントからやり直しても先に進めないので、YouTubeでウォークスルーを見てみたら、自分のデータでは私が行くべき所に向かう階段の登り口に仲間がスタックしてしまったらしい。同様のバグは割と発生するようで、コメント欄を見たら「クソ野郎が階段からどかねーから先進めねー」的なコメントがあって笑った。
ちなみにその場面は、スタックした仲間と階段の間の隙間に向かって何度も何度もジャンプしたら階段に登れたので、やり直しにはなりませんでした。
しかし、皮肉な事にそのバグを乗り越えた瞬間がゲーム全体を通して一番盛り上がり、達成感を感じた瞬間だったのです。


XBOX360『Deus Ex: Human Revolution』
一つのミッションを正面突破するか、ステルスで進むか、会話のスキルを駆使して進むかなど複数の回答が用意されていて非常におもしろい。
ただ、これは私の問題なのだが、このゲームメッチャ酔う。
まず、ダクトの移動が多くなる場面が多いのがヤバい。昔から狭い場所をずっと進むFPSはダメなんすよ。
しかも本作はFPSとTPSの融合というような作りになっていて、普段は主観視点なのに、カバー状態に入るとTPS視点になる。
これは良い試みだけれど、カバー状態を解いて主観視点に戻った時にカバーしていた壁が真正面に来てしまうのがダメだった。壁が近いと酔うんですよ。
なので、本作は途中で断念してしまいました。続編が面白そうだから遊ぼうと思ったのに。無念。


XBOX One『Ryse: Son of Rome』
ふつーのゲームとは聞いていたが、遊んでみたらやっぱりふつーのゲームだった。
戦闘部分は近年の『バットマン』シリーズのような作りではあるが、全体的に地味。
敵キャラも人間から逸脱しすぎたキャラは作れなかった(舞台設定が割とリアル寄りの為)からだろうか、ボス戦が全て地味な戦いになってしまったのももったいない。なんたってほとんどヒット・アンド・アウェイでチマチマやるだけだからね。

ちなみに本作では、ある程度敵にダメージを与えるとQTEが入り敵を処刑するアクションが発生するが、その際に手や足を切り落とし、しかもその断面に骨が見えてたりするのは良いんですかね。イベントシーンでは頭切り落として手に持ったりしてたし。
『Wolfenstein: The New Order』も頭吹き飛んだりしておりましたが、360・PS3の頃の規制でガッチガチだった頃と比べるとこの状況はどういうこっちゃ。近年審査基準が変更になったのか、ただ単に仕事がてきとーなのか。


PS4『Call of Duty: Black Ops 3』
キャンペーンモードはただただつまらん。
COOP対応にした事でリプレイ性を出したかったのか、無駄にレベルのシステムを採用しているおかげで、レベルを上げないと全ての武器を使えない。アンロックうぜー。
出てくる敵もロボ多すぎ。耐久力が高く固い敵多すぎで爽快感ゼロ。というかGhost以降、3作連続で近未来物が続くって、もうちょっとなんとかなりませんかね。

あとストーリーは毎回謎が用意されているBOシリーズなので覚悟はしていたが、シリーズ中最も物語の内容がわかりにくい。私の頭の悪さを棚に上げて難しいと書くのもアレだが、ここまで難解な構成にする意味があるのかどうかすらわからん。
そもそもステージによって時系列が前後しているのでは?とか、結局プレイヤーは誰だったのか?とか、プレイしているミッションはどこまでが現実なのか?とか、まったく理解出来なかった。
なんか仕掛けとしては、『Crysis 2』や『Spec Ops: The Line』と似ているとのコメントを良く見るので、たぶんそういう事なのだと適当に納得したような。してないような。

ってな感じでお送りしました。
posted by murutori at 01:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする