2015年09月01日

9月の購入予定

今月2日からサービス開始されるNetflix。
ブレイキング・バッドのスピンオフ作品『ベター・コール・ソウル』にアメコミ物の『デアデビル』、実在した麻薬王パブロ・エスコバルを描く『Narcos』、お嬢様が刑務所へ入れられるコメディ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』など見たい作品ばかりで、サービス開始が楽しみでしょうがない。
現在加入中のHULUは日本テレビに買収されてから国内のアニメやドラマばかりが増えてしまってちょっとイマイチ(加入数は増えているらしいので方向としては正解なのだろうが)だし、HBOの作品も全部無くなってしまったけれど、今月から『ウォーキング・デッド』のシーズン5が来るのでサスペンドするのもなぁという。

そんな9月の購入予定です

10日
WiiU『スーパーマリオメーカー』
最近のWiiU界隈は『スプラトゥーン』があったものの、丁寧なのはわかるが無駄に多いコレクション要素と、それ用に作られたステージの鬱陶しさが気になってしまい、デザインは良いんだが着ているとチクチクするセーターのようだった『ヨッシーウールワールド』に、キャラクタや背景などの発想はカッコイイのに、それを表現するグラフィックやらゲームデザインが完全に一昔前の出来でただただ辛い『Devil's Third』と、ハズレと言っては悪いが微妙にアレな作品が続いていたので、本作には期待しています。

つーか、この手のクリエイトゲーはめっちゃ暇だった子供の頃に出て欲しかったよ。FC『エキサイトバイク』のエディットでさえあれだけ遊べたのだから、このレベルのクリエイションが出来たら相当な手間のかかる物を作っていたと思うんだよね。内輪受けのネタとか入れたステージ作ったりして。
今ではもうただ上を向いて口を開けエサを待つだけのオッサンになってしまったので、世界中の方々が作るコースをひたすら楽しみにしています。


17日
XBOX One『Forza Motorsport 6』
シリーズを重ねる毎に確実パワーアップしていくForzaシリーズ。
もうこのシリーズを買う為にXBOX One買ってますからね。
あと頼むからDLCで日本のコースを。せめて鈴鹿だけでも。お願い。


今月はこの2本。
気になる所では
2日『MGS V』
時系列的には『MGS 4』をやらなくても良いらしい(MGS1〜3はプレイ済)ので買ってもいいんだけどね。PS3で出た『レガシーコレクション』積んだままだよ。ただ、どうせ話(会話シーン)が長えんだろうなって思って、中々重い腰が上がらないシリーズではあります。まぁ気分が乗れば買うかも的な。

あと30日PSVita『東亰ザナドゥ』。
日本ファルコムのARPG新シリーズだそうで。どんなもんかなと遠くから見守りたい。

今月はこんな感じで。


何故か今年は、好きなアーティストだけじゃなく収録曲を聴いたら即買いのアルバムが多くて、それぞれを聴きこまない内に次のが出てしまうという状況が続いてまして。嬉しい悲鳴ではあるのだけれど、最初聴いた時はピンと来なくても何度か聞いている内に好きになるってのが少ないのは良くない気がするんだよね。
積みアルバムも発生しつつある中から、最近の良さ気な音楽をいくつか。

先月リリースされたBLU-SWINGのアルバム『FLASH』。
『TRANSIT』『ARRIVAL』の三部作としてハイペースでリリースされてきた中で、今回の『FLASH』が一番好きかも。
表題作である『FLASH』の懐かしいサウンドが象徴しているように、クラブジャズに歌謡曲(シティポップ)なフレーバーがオッサンを殺す訳です。
それに加えて、かなり前面に出ているホーン・セクションがヤバい。

そんなアルバムの中でも、2曲目『満ちていく体温』が大好き。
BLU-SWING - 満ちていく体温


ちなみに『TRANSIT』からは、『SUNSET』。『ARRIVAL』からは、『Fly high (CITY LIFE NIGHT MIX)』が良かった。


次は、ソウル方面から。
オランダのシンガーShirma Rouseが去年リリースしたアルバム『Shout It Out Loud』。
彼女のビジュアルからイメージする通りパワフルな歌声ながらも、一つ一つの言葉を丁寧に歌う繊細さが魅力。このアルバムの中では、『Work For It』がベスト。

Shirma Rouse - Work For It


メロウでダンクラ感もありつつゴスペルライクなサウンドの名曲。
ベースの音、Shirma Rouseの歌声、コーラスとの重なりがたまらない。コーラスに参加する気持ちでついつい口ずさんでしまう曲。


最後は、私の生活の土台でもあるドラムンから。
dnb界の重鎮DJ Markyが先日リリースしたアルバム『My Heroes』。

dopeなサウンドから、Makoto氏も参加し超エモい仕上がりにもなった曲もありと、全曲必聴なアルバムの中でも、Sillyが良い。

DJ Marky - Silly



そして、DJ Markyからもう一曲。

Netsky - Rio (DJ Marky Summer Remix)


8月の末から急に気温が下がり、夏の香りは雨に流されてしまった感がある今年。
あれだけ鬱陶しかった夏も、過ぎ去ってしまえば惜しむ気持ちが湧いてしまうという勝手な心を呼び覚ますサウンドかもね。
posted by murutori at 01:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする