2015年09月29日

水の恐怖 XBOX One『Forza Motorsport 6』

交換に出していたXBOX Oneが帰って来ました。
こちらから18日発送で、連休明けの24日にサービスセンターへ到着。翌25日に交換品を発送、26日受け取りと。素早い対応ありがたいです。

しかし、不運が重なるウィークなのか、XBOX Oneがダメになって数日後に毎朝使っているコーヒーメーカーが壊れました。前日までまったく問題なかったのに、最後にコポッって声と共に一滴だけコーヒーを作って急逝。

その翌日に、部屋の真ん中に置いてある机に足の指を強打。
夜中に部屋で酒を飲みつつテレビを見てたんだけど、もうちょっとで終わりだからとトイレを我慢していて、番組が終わったと同時に勢い良く立ち上がった時、足の中指をしこたまぶつけるというゴミのような理由で負傷。
数日歩くスピードが遅かったし、足の指は紫に変色し、ひょっとしたら骨にヒビ入ったかなレベルの痛さだったが、その後数日放っておいたら(病院休みだったからね)治ったのでよかった。

その後XBOX Oneが届いたのでアップデートやらインストールやらしていたら、今度はテレビが突然電源OFF。
何事かと思って色々調べてみたら、使っていた電源タップがダメになっていたようで、刺す所によって接触不良になるようで買い替え。

で、さっきスーパーに寄って出来合いのサラダ買ったら、消費期限がぶっちぎっている商品で、よくみたら野菜がクタクタで変色していて食べられたものではない。これは、消費期限が前日の物を陳列しているスーパー側のミスなんだけど、ちゃんと見ていない自分も悪いのです。
しかし、こうも連続で色々起きるかねという。
次に何が壊れるのか怖くてしょうがない。


XBOX One『Forza Motorsport 6』
まず始めに謝らなければなりません。
発売前の情報で、シリーズで初めて雨天のコースが導入される事に対して、どうせ従来のレースゲームの雨天と同じく路面の摩擦係数が減っているだけなんだろと思って期待していませんでした。
プレイしてみたら、まったく違いますね。本当に申し訳ない。ここまで雨と水たまりの表現に力が入っているとは思いもよらなかった。

水たまりに車が突っ込むとグリップを失うハイドロプレーニング現象というのは運転する人でなくても知っている人も多いでしょうが、10数年の運転歴の中で片手で数える程あった雨天でのほんのちょっとしたスリップの経験。一瞬で手汗と脇汗がダクダクになったあの恐怖が、本作の雨天コースをプレイしていて蘇る。

forza6 00.jpg

本作では、コース上の路面の高低差(アンジュレーション)が緻密に再現された上で、その路面に広がる水たまりが配置されている。
その水たまりにレースゲームでは遅いスピードである100km/h未満の速度でさえ突っ込むとハイドロプレーニング現象は起きてしまい、制御を失った車体は壁に突っ込んだりスピンしてしまう危険がある。
一方、雨天時はフロントガラスに落ちた水滴が速度とリンクする形で変化し、カーブなどの荷重がかかると水滴がガラス面を滑るなど、雨の怖さと同時に美しさまでもが表現されている。
ここまで雨にこだわっている作品は他に見た事が無い。

forza6 03.jpg


海外で放送されたらしい本作のCM(コレね)で、過去のレースゲームからの進化を辿っているのを見て思い出したのだけれど、初期のレースゲームは今のようにタイムを競う物ではなく、ほとんどが面クリア型のゲームで、またほとんどの人がゲームクリアすら難しい物が多かったあの頃。
当時のレースゲームにはよくコース上に水たまりやオイルがありました。
まぁそれはただの障害物でしかなかったのだけれど、高速で水たまりに突っ込むとヤベェという現実に起きる物をデフォルメした物であった訳でして。
その後F1ブームや実車など客の嗜好の変化により、面クリア型ではなく競技性の高い物へとブームの中心が動いていった中、技術的な問題など様々な面から考えて導入するメリットがなくなった水たまりは、ただの演出(入るとフロントガラスに水がかかる等)として見られるだけになり、本来持っていた水たまりに入ると滑るという表現は見られなくなった。

そんな水たまりが満を持して現在に蘇ったのですが、過去のゲームと本作とでは「水たまりが見えたら走行ラインを変える必要があり、もし車が高速で水たまりに入るとグリップを失ってしまうので、ドライバーは0.1秒でも早くコントロールが戻るように祈るしかない」と文字にすれば同じ事が起きているのだけれど、初期のレースゲームはそれを簡略化する形でしか再現出来ず、ただ水たまりを踏むと滑るだけだった。
それが本作では、ハイドロプレーニング現象を再現するという形で水たまりを踏むと滑る作りになっている。
デジタルの進化の方向性の一つとしてアナログの再現という物があるだろうけど、水たまり一つをとっても30数年を経てここまで技術が進化した事に対して感慨深いものがあります。

forza6 02.jpg

本作によって今後シミュレーター寄りのゲームでありながら雨天コースをただ路面の摩擦係数を下げただけという作りは、手抜きに見えるようになってしまうかもしれない。
今まで技術的には最高峰ではあるがイノベーティブな部分では一歩弱かったForzaシリーズ(ペイント機能などはあるけど)が、6作目にしてレースゲームのシフトを一段階上げた作品として今後記録に残るだろうね。
posted by murutori at 22:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

エンスト

forza 6.jpg

うぉぉ買ってきたぜ!!!!
DL版のアルティメットエディションがアーリーアクセス権付きだったなんて知らなかったから、予約してお金も払ってしまったパッケージ版を一週間歯を食いしばりながら待ったんだぜ!!!!
寝落ち覚悟で夜中まで走りまくるぜ!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


xboxone 150917.jpg

XBOX One本体のE101エラーですって。
なんかね。本体のアップデート完了後に再起動がかかるまではいつも通りだったけど、再起動に失敗したのか正常に起動せず、ホーム画面が表示されなくなりやがりましてね。
電源を入れ直す等、公式サイトにあるトラブルシューティングを一通りやってみてですね、最終的にはオフラインでのシステムアップデート診断なんぞかけてみましたけどね、結局ダメでね。
サポートに電話したら交換だってさ。

いや泣いてないよ。
世の中は週末からシルバーウィークだとか取ってつけたようなネーミングの連休があって、どうせサポートもお休みでしょうから本体の交換も遅くなるんだろうけどね。
まぁ私はどうせ世間様が休んでいる間に働く生業ですので、全然連休とか関係無くて週末から思いっきり仕事なんだけどね。どうせ帰りも遅くなるだろうから遊べる時間も少ないだろうし別にね。今日はそんな連勤前の貴重な休みだったんだけどね。いやまぁしょうがないですよ。こういう事もあります。えぇ。
いやホントに泣いてないって。


…ぐぐぐううううぅぅぅぅぅぅぅっっっ。
posted by murutori at 18:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

ネトフリマルシェベース

『GRAVITY DAZE 2』発表めでたい。
公開された映像も1と同じくレトロフューチャーな街並みでより美しく。
PS3・VitaとのしょうもないマルチにせずPS4だけに絞っているのも大歓迎。もちろんリマスター共々予約させていただきます。
ところでソニーさん『グランツーリスモ7』はまだですか…。


今月から始まったNetflixいいですねー。特にドラマが。
『ベターコールソウル』『ナルコス』『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』を並行して見ているが、この中でも特に『オレンジ〜』が一つ頭抜きん出ておもしろい。
先週のたまむすび(TBSラジオ)で町山智浩氏がちょうど本作の話をしていた中に、刑務所が受刑者の更生を促す施設ではなくただ犯罪者を社会から隔離するだけ場所になってしまっていると話していて、そういう事かと膝を打った。まさにその問題に対しての皮肉がクドくない形で物語と絡めてある作品というのはとてもよく分かる。
まぁ日本でも山本譲司氏の著書など近年指摘されているが、刑務所がセーフティネット(特に高齢者と障害者の)と化している状況と似たような物だとは思うのだけれど。

ネット配信番組ならではなのかドギツイ下ネタがあったり、寝る前に見ると悪夢を見そうなシーンもあり、個性を通り越してアクの強すぎる受刑者の面々の中、清涼感のある主演のテイラー・シリングがイイ。
立っている時の姿勢の良さを始めとした美しい所作だけでなく、ちょっと怒りっぽい、裏を返せばちゃんと意見を主張する強さを持ち、次々と振りかかるトラブルを知恵を絞ってなんとか解決し、成長していく主人公に魅了される。
彼女のコロコロと変わる表情も素敵で、弾けるような笑顔から不快な時に見せる半開きの目(ジト目っていうのかな)などわかりやすい顔芸により、刑務所が舞台という過剰な悲壮感を出すこと無くこの作品をコメディたらしめている。
各話の満足度が非常に高いので、毎晩一話ずつ見るのが楽しみでしょうがないですよ。



iOS『大繁盛! まんぷくマルシェ』
Android版よりも少し遅れて今月頭に配信された、『王国の道具屋さん』や『再生!カラカラ惑星』のASOBOX新作ゲーム。

hanj 01.jpg

主人公はマルシェのコーディネーターというかコンサルタントとなり、集まってくる料理人達に新しいメニューを考案し、それを売ってお金を稼ごうというもの。
システムとしてはASOBOXお得意の放置ゲームで、スタミナを消費して素材を集め、その素材を組み合わせてメニューを作って売るというのが主な流れ。

hanj 02.jpg

豊富なメニューだけでなく、かなり力の入ったメインストーリーに各キャラ(料理人)それぞれに会話シーンを相当な量用意するなどボリュームはあるし、システム周りにも引っかかる点はなく、全体的に非常によく出来ている。
ただ、よく出来ているからおもしろいかと言われれば、そこはまた別というのがエンターテイメント作品全てにおいて難しい所でありまして。

作品全体を見ると酷い出来の物であっても、ある一部分に面白味や良くも悪くも印象的な物があった結果心に残る事もあれば、全体的に文句を付ける場所が無いのに心には残らない作品もある。
で、残念ながら本作は後者かなぁという。

hanj 03.jpg

本作に関して無理矢理細かいことを言えば、料理の元となる材料を集める場面で、行く場所によって獲得出来る材料が違うのだが、その材料が満遍なく入手出来る為完全な作業になってしまっている。これは『王国の道具屋さん』では拾えるアイテムにレア度が設定されているので、獲得出来るアイテムに運が絡む事が小さいながら良い味付けになっていた。
その他、主人公の立ち絵があるのに会話シーンでは一切主人公の絵が表示されないせいで全てのイベントが奇妙な絵になっている、など細かい不満はある。

突付く所はそんな部分しか無く、ゲーム全体としては本当によく出来てます。
ただ角が無くあまりにも丸く出来ているが故に、特別人に勧めたいという気持ちにもならず、ゲーム進行(攻略)に関してつまずく部分が無いように作られているので質問や話題にしようと思う事も無く、結局暇つぶしならどうぞという位置に落ち着いてしまうという。
安定した作りでイノベーティブな部分が無い事は直接的なマイナスとはならないだろうけど、それがことスマホアプリとなるとどうなのかという問題はあるかもしれんねぇ。
いや、良いゲームなんですよ。だけれども…うーん…なんというか…難しいっすね。



今月頭にスゲーリリースが続いたので、音楽ネタ。
以前、Wave Racerなどを代表とするFuture Bassを話題にした時、チップチューンやポップ(キャッチー)なメロディとの親和性高いジャンルなので、元になっているであろうTrapよりもこちらの方が日本では流行るかもねって話を書きました。

そんなFuture Bassの日本勢の中では、去年MaltineよりリリースされたPa’s Lam System『I'm Coming』でひっくり返る程のインパクトを受けたのも記憶に新しい中、今月頭にTREKKIE TRAXよりリリースされたLolica Tonica『Make me Feel』がヤバい。

Lolica Tonica - Make me Feel


Lolica Tonicaは日本人二人組のアーティストで、デジタルリリースのデビュー作からこのクオリティの作品生み出してしまうという。もうコレはアンセムですよ。
細やかに配置された声ネタに遅めのAmenが重なるイントロの後、輝くようなサウンドの波に心が高まる。
ゲーオタ諸氏には途中に入る『パラッパラッパー』からのサンプリング「I gotta believe!」でニヤついてしまうのではないでしょうか。

またリリースされたEPには私の大好きなCarpainterだけでなく、韓国の若手トラックメイカーZekkのキレッキレのリミックスも収録されており、こちらもまた原曲とは違う一面を引き出していて素晴らしい仕上がり。

Lolica Tonica - Make me Feel (Carpainter Remix)


Lolica Tonica - Make me Feel (Zekk Remix)



そして、同日にリリースされたアルバム、HyperJuiceの『Lights』。
このアルバムがマストバイかどうかと問われたらまぁアレなのですが(すんません)、これには先ほど名前を挙げたPa's Lam Systemのリミックスが収録されていまして。

City Lights Feat. EVO+ , Jinmenusagi (Pa's Lam System Remix)


もう最高。ジャパンの若手トラックメイカー達の最先端。
こんな素晴らしい音楽をリリースしてくださってありがとうと、リズムに体を揺らしながら拝むしかない。
posted by murutori at 00:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする