2015年08月29日

XBOX One『ウィッチャー3』終了

普段まったく漫画を読まない私でも発売された時に話題を目にした九井諒子『ダンジョン飯』。
1巻の発売当時に買おうとしたら売り切れが続いていたので、また今度と思ったまま放置していました(本は紙で読みたい派なので電子書籍はちょっと)が、先日2巻の発売と共に購入。

こりゃダンジョンRPG好きにはたまらない作品ですね。
モンスターなど生き物を食材としてどう料理するかという奇抜な漫画でありながら、なんだかダンジョン内で冒険者が生きるとはこういう物なのだろうかと納得してしまうような独特の生活感が出ている。
1巻では、たまたま遭遇したモンスターをどうやって食べられる状態にするかという、ゲテモノ料理法の紹介的なアプローチが多かったが、2巻では調理法というよりも食そのものをテーマとする事で様々な物語が展開され、キャラクタ達だけでなくダンジョンの描写など1巻より層が厚くなっていて良かった。
特に2巻の最初、土属性のゴーレムを土壌として野菜を作るという突飛な発想には笑ってしまった。いくらゴーレムとはいえ土なので、ちゃんと植える作物をゴーレム毎に分けて連作障害(同じ科の野菜を続けて栽培するのはあまり良くない)を避けていたりと、そういった架空だけれどあるあると思わせるディテールの入れ方の加減が丁度いい。

で、ついさっき九井諒子さんの過去作品をポチリとしてきた所です。また一つ生きる楽しみが増えたよ。


連日プレイし続けていたXBOX One『ウィッチャー3』。
ゲーム序盤から絶え間なく続くおもしろさに、これでエンディングでコケたら辛いなぁなどと思いつつプレイしていたのだが、杞憂でしたね。本作は紛うことなき名作。
以下ちょっとだけネタバレ有りです。

前回も書きましたが、主人公の目的は自らが育て、剣術などを教えた娘(血の繋がりは無い)を探すというもの。
で、まぁなんだかんだあって娘と再会する訳ですよ。
そこからの怒涛の展開。エンディングまで一気。

特にラスト数時間の構成は本当に素晴らしい。
今まで出会ってきた人々の想いが交錯し、プレイヤーである主人公もまた葛藤をし、悩みながらも選択肢を選び、それによって描かれるラスト。
決して幸福とは言えない血脈を受け継いでしまった娘が、自ら出自と向き合いながら、また自立しようともがく中で見つけた自分にしか出来ない役割。育ての親として娘の決断をどう受け止めれば良いのか。
最後の選択肢だけではなく、過去に何度か娘と語り合った場面で何気なく選んだ選択肢が二人の関係に作用し、それがラストに繋がる美しさ。

そして、エンディングの最後には、今までに選んできた選択肢によって世界がどう変わったのかが後日談として描かれる。
誰かの為を想い最善だと判断した選択や、一時の感情に流されて選んでしまった選択肢、時には交渉で時には刃物を使って描いた道筋が尾を引き、その後世界にどう影響を与えたのか。
その功罪が端的な文章に表現されていて上手いと唸る他ない。

プレイ開始からテンションが落ちる事無く進められる程、メインだけでなくサイドクエストまで作りこまれた物語。
そして、完璧過ぎるラストからスタッフロールまでの構成。文句なし。

私がプレイしてきたゲームの中でも特にお気に入りの作品、ジャンルをRPGに限るのであれば、古くは『Wiz1〜3』『ドラクエ3』や『FF3』最近では『Fallout3』などと同じ棚に並べておきたい作品。
高い自由度と高いストーリー性を共存させた奇跡のバランスに到達した作品を作り上げた製作者の方々には、惜しみない拍手を送りたい。
あまり褒めまくるのもアレなんだけど、ここ数年のRPGの中で最も優れたゲームです。
posted by murutori at 00:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

ロールプレイの楽しさ XBOX One『ウィッチャー3』

必ずチェックしている文学賞は大宅壮一ノンフィクション賞しかないし、芥川賞に至っては数年前の『苦役列車』以来の私だが、約束までの時間つぶしに入った本屋で今月の文藝春秋が平積みというか山積みになっていた勢いにおされてつい買ってしまった。

『火花』の方は、漫才師を主人公とした青春小説であるが、到達しないまでも一瞬でも高みに触れることが出来るだけの力量と運を持ち合わせた人間と、いかにその基準(ものさし)から逸脱するかを目指す二人の若者が瑞々しく書かれていてよかった。終盤というか締めの部分で思いっきり飛び道具を出してしまう辺りの悲しみがイイっすね。

そして、『スクラップ・アンド・ビルド』もなかなか。
28歳求職中の主人公が、口を開けば「もう死にたい」と漏らす半寝たきりの祖父のため、その願いを叶えようと祖父の死期を早めてあげる物語。
主人公は無職であるが故か、筋トレなどの鍛錬と共に祖父を見下す事で自己を肥大化させていく幼さと、老いによって老獪という武器を手にした祖父のやり取りには介護をテーマにしている悲壮感は無く、むしろ逆で完全にコメディになっているのが良い。

並べて読んでみると、『火花』の作中で登場人物が漫才に関して「本物の阿呆と自分は真っ当であると信じている阿呆によってのみ実現出来る」と語っているが、『スクラップ〜』ではまさに、その後者の阿呆が表現されツッコミ不在(または読み手がツッコミ)のお笑いとして成立しているというリンクが発生し、またコメディアンである又吉氏が眩しいぐらいに純粋な青春小説を書いた一方、作家である羽田氏がユーモアに溢れる作品になっていて、そんな偶然の対比がおもしろかった。


そんな中、軽い気持ちで手を出したXBOX One『ウィッチャー3』がヤバい。
常に細分化されて来たゲームジャンルの中でRPGというジャンルは様々なジャンルと融合し、もはや成長要素さえあればRPG(的な要素)と呼ばれる昨今。
そんなこんなでRPGの根っこから抜け落ちつつあった、ロールプレイという部分に焦点を当てたゲームがこの『ウィッチャー3』。
プレイヤーは、モンスターや厄介事を片付ける仕事を生業とする「ウィッチャー」の男ゲラルトとなり、世界を冒険していく。
プレイヤーそのものが主人公というよりか、主人公のゲラルトになりきり、彼ならどう決断するだろうかというロールプレイの感覚を楽しむ事が、このゲームの主眼となっている。


序盤のメインストーリーは、主人公の娘(血の繋がりは無く育ての親に近い)が敵の勢力に追われて行方不明になってしまったので、彼女探す旅に出るという単純な物。
『3』とタイトルにあるように、完全な続き物であり、しかも主人公がペラペラと喋るゲームなのでシリーズ未プレイの私は途中から入り辛いゲームかと思っていた。
しかし、その主人公と娘の関係や過去の人物に関して、長いオープニングやただジャーナルに記すなど一度に多くの情報をプレイヤーに与えるのではなく、メインクエストを進めていく中での回想シーンやイベントの会話と上手く絡めてあるおかげで、すんなりと物語に参加出来る。
このメインストーリーに小出しにした情報を入れるその配合というか、絡め方が絶妙。カッペリーニかよってぐらいに上手く絡んでくる。

witcher 3 01.jpg

サイドミッションも、MMORPGによくあるような「敵を○体殺してこい」という物は無く、それぞれにちゃんと物語が用意され、その世界で生きる人々の生活が描かれている。
舞台となる地方は戦時下であるだけに、戦争で家族を亡くしたり飢えや貧困、支配者からの圧制など生死に関わる物も多いがそれだけでなく、男女の愛憎など普遍的なテーマをベースにしたものもあり、感情を揺さぶられる話が多い。
そんな物語の中に魔法や呪術などの不思議な力や、残酷な風習など土着的な背景がスパイスのように挿入されているのもおもしろい。一つ一つの物語の構成は単純な物が多いが、そんな描き方と相まって毒を抜かれる前の昔話(の原型)を読んでいるかのような感覚すらある。


またクエストの途中など会話シーンで挿入される選択肢も凝っていて良い。

あるサイドミッションでは、いわゆるユニークモンスターの討伐ミッションがある。
町の掲示板に貼りだされた討伐依頼の詳細を聞きに行くと、一人の男性がモンスターによって親を殺された孤児を預かり育てる事にしたが、あのモンスターが町の近くを徘徊する事に不安が残るので殺して欲しいという。

その後、親が殺された現場から命からがら逃げてきた子供にモンスターの特徴や出没した場所などの話を聞きに行くが、子供が親を殺された場面を思い出して語る時、話の先を促す事も出来るが、精神を操る術をかけてそれ以上思い出させず苦しみを解く事も出来る。
そして、モンスターを討伐後、約束であった報酬を受け取りに戻る際、孤児を引き取った男性に対し、子を育てるにはお金がかかるだろうからと報酬を受け取らないという選択肢が出る。これは他の討伐ミッションなどでは表示されない。
こういったクエストに沿った選択肢、ただの返答だけではない行動を選ばせる事や、その選択肢毎に合わせて膨大な量のセリフが用意されているので、ちゃんと血の通っている物同士の会話として見せる工夫がしてある。

witcher 3 02.jpg

本作は、『Skyrim』などにあるような、相手に渡した物をその場で殺して奪い返したり、後で家に忍び込んで寝ている間に取るといった自由度があるゲームではなく、むしろガチガチに作られたストーリーを楽しむゲーム。
挿入される選択肢によって自分で物語の方向性を決定し、自らの手で物語を紡いでいる事を錯覚させてくれる選択肢の入れ方は『Mass Effect』を代表とするBioWareが試みていたが、本作はそれの一段上を行っている。


紹介される時に必ず「自由度が高い」というフレーズが付き、開始時に性別や外見まで選べるほど自由なゲームではなく、かといってJRPGによくあるような一本道(マイナスな意味ではなく、これはこれとしてストーリーに振り回される快感がある)でも無い本作は、まさにその間を取った中庸なゲーム。
だけれども、どっちつかずな平凡な作りになる訳ではなく、主人公を演じるというロールプレイにプレイヤーが没頭出来るよう徹底的に作られている事によって、その突き抜けた中庸は他のオープンワールドRPGには無い魅力を醸し出している。


2015年のゲーム賞RPG部門は、今年後半に出る『Fallout4』が期待通りの出来ならば、全て持って行ってしまうかもしれないけど、GOTYを含めノミネートには確実『ウィッチャー3』は上がってくるだろうね。
もし、全体が小粒だった去年に本作が発売されていたら、GOTY以下各賞を総なめにしたはず。
まだまだメインクエストの終わりが見えず途中の状態なので、ゲームクリア後に、後半のストーリーがクソすぎー!!あぶぶーぶりぶりぶりーー!!って言うかもしれんが、今現在50時間弱を費やした中でつまらなかった瞬間は一度も無い程に楽しいゲームではある。
posted by murutori at 00:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

8月の購入予定

いやーびっくりしましたね、ドラクエ11。
PS4か3DSだろうなとは思っていたけれど、まさかのマルチて。(NXは一旦置いておいて)
PS4版の方は、PS3を切って頂いたおかげでユーザーもメーカーもPS4へと移行が進む良い機会となりそう。

しかし、ドラクエ8の延長線上としてある程度想像がつくPS4版よりも、3DS版の方がおもしろそうに見える。
だいたい下画面が2D、上画面で3Dって手間だけがかかる作りで笑ってしまった。PS4版あわせて都合3バージョン作るってどうかしてるよ。
2Dと3Dが同時に動いているという状況のゲーム画面でありながら、おそらくその表示方法を使ったギミック(インディーズゲームでありそうな)は無いのだろうから、本当にどうかしているとしか言い様がない。
そんなドット画好きを酔わせてからのサブタイトルに『過ぎ去りし時を求めて』というオッサン殺し。
死角無し。
ゲームの世界でもブロックバスターって言葉が使われ始めて久しいですが、まさにそれ。日本語で言う所の八丁荒らしってヤツですかね。

『マインクラフト』のパクリゲーを今更(本当に今更)発表して来た時には、もうこりゃダメかと思ったけど、こんな事されたら両方買っちゃうよ。あと願わくば、同時発売を。
ちなみに、例のパクリゲーの方は発売後に、「あのビルダーズが今度は2Dに!」っつって『テラリア』のパクリゲーを出したら、様式美として完成すると思いますのでご一考下さい。


で、8月の購入予定です。
4日
WiiU『Devil's Third』
板垣ゲー。
公式サイトにある板垣氏のコラムによると、シングルプレイだけでなくマルチプレイも結構作りこんであるそうですが、それだったらAmazon専売(DL版はあるけど)ってのはちょっとキツイよね。
マルチ対戦のゲームって内容がどうこうよりも、人が居ないって事がクリティカルな問題だからなぁ。それにみんなまだ『スプラトゥーン』で忙しいでしょ。
まぁ誰もマルチに期待してないから別にいいのか。シングルプレイの部分には超期待しています。

6日
XBOX One『Rare Replay』
超お得セット。
この中でも『バトルトード』のアーケード版が特に楽しみ。

今月はこの2本。
これらのゲームと並行してXBOX One『ウィッチャー3』を進める感じで。


最後に、今月のエロミュージックのコーナー。
21日発売予定のRiyaのアルバム『Sublimation』。
その中から先行でリリースされているConfessions (feat. Frank H Carter III)-Riya, Total Science, Maverick Soul



先月のA Sides & Makoto - Where Do We Goに引き続きRiyaのヴォーカルで鼻血ブーですね。エロス。
鉄板であるTotal ScienceとのコンビではTotal Science - See Your Face feat. Riya以来の自分の中で大ヒット曲。
こんな曲出されたら、もう笑うしか無いよ。
I feel it deep inside, you give me butterflies からの部分がたまらなく好きで一緒に口ずさんじゃうんだけど、その間も超笑顔。
部屋でお酒とともに聞くも良し。夜の車内で流すも良し。どんなシーンに合わせても身体がとろけて来そうな程心地よい。

そしてもう一曲。先月一番聞いたというか、景気付けに良くかけた曲。

Modified Motion & Faction - Arabian Knights


脳細胞が死ぬ音が聞こえて来そうなほど頭が悪い曲。カッコイイけどアゲ過ぎ。
ここまでバッキバキのジャンプアップを聴いていると暑さが増してくるけど、まぁ夏だからね。
posted by murutori at 01:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする